CATEGORY[ST250 タイヤ]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2008年06月26日17:09
チェーン交換してから、一度も給油をしていない。シールチェーンを使うのは本当に暫くぶり。ひょっとすると10年ぶりかも?
見た目が濡れていないので、軽くエンジンオイルを給油。

メンテスタンドを何時もよりも高く上げ、後輪を浮かし、手で後輪をグルグル。反対の手でオイル注しを使い、チェーンに給油。

シールチェーンなので、スプロケとチェーンの間が潤滑出来れば十分。で、ハタカブよりは少なめに注油。

終わって、目線がタイヤに向くと・・・・・。

タイヤ

店の中には、フライスの切り粉が落ちているので、其れが付いたと思い、手で軽く払う(遠視の目では良く判らない)。

アレッ、取れないや。

眼鏡をつけてじっくりと見る。ナンカ刺さっているみたい。

ニッパーで掴んで見ると、簡単に取れない。

店の中の金属粉ならアルミなので、ニッパーで摘むと簡単に切れてしまうのに、其れも無い。

チョット本気に成って取り出すと・・・・・・。

タイヤ

こんなのが出て来ました。手前の断面がタイヤから顔を出していた部分。

シッカリと先はとがっているので、此の侭乗り続けたら、パンクは必至。

材質、形状から言って、僕の店にはこんなの無い。

昨日の走りで拾って来たみたい。

チェーンにオイルを注して良かったーーー(ホッ)。

拍手[0回]

<< スペアエンジン チャレンジ>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT