忍者ブログ
CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月14日12:44
数日前から、朝方に油膜が見られる様に成りました。
夜中に出来るみたいなんですね。

昼間は、少しずつですが消えて来ます(水面が真っ平らに成る程のしつこい油膜では有りません)。

夜中の酸素不足。と考えたんですね。
とりあえず、エアーレーション(ストーンとホース)の道具も発注しました。

発注と同時に、照明時間を長くしたのです。
要は、消灯時に水草が酸素の泡で包まれている状態にする。

つまり、水草の気泡で夜中の酸素不足を補えれば・・・・。と考えたのです。

此れが成功。昨日の朝は油膜が少ない。
今朝は、殆ど見られない。

巧く行った・・・・。

で、今日、ストーンとホースが入荷・・・・・・・・(使わないよねー)。



拍手[0回]

PR
CATEGORY[水草]
コメント[ 0 ] 2019年11月13日15:57
1年前だったら怖くて出来ない事をやってます。

水草の光合成を活発にして、酸素を補給。
結果、フィルターの能力を上げる。

そんな訳で、現在の照明は、T5蛍光管(39W)を4本。それも高輝度管です。
それでもコケの発生は微々たるもの。

水草の気泡の上げ方を見ていると、消灯間近になってから、活発に成ってくる。
水草が酸素の気泡を上げだしたら、水の酸素が飽和状態と思っています。

つまり、その時間に成る迄は、水中の酸素濃度は飽和状態に成っていない。
要するに、水草が作る酸素はフィルターが使ってしまう。

CO2濃度を測って見ると面白い事に、照明点灯時、沢山のCO2添加をしなくても、CO2濃度が上がるんです。
只今の添加量は、1年前から比べると可也少なめ。
連続添加をすると、濃度が上がり過ぎるので、間引きで添加。

で、数日前から始めたのが、酸素飽和状態を出来るだけ長い時間維持したい。
と言う事は、水草が酸素の泡を出し始めてから消灯までの時間を長く。

只今の照明点灯時間は、8:00~17:00。
昔は5~6時間が限界でした。それ以上点灯するとコケの餌食に・・・・。

様子を見ながら、照明の点灯時間。もう少し伸ばしてみます。


最近困った事に、T5管を販売している所が減りました。
日本では需要が無かったんでしょうね。
入手不能になったら、次を考えます

拍手[0回]

CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月12日16:40
暫くぶりに魚を増やして五日間。
覚悟はしていたんですけどね・・・・。

コケの発生は無いのですが、薄っすらと油膜が出て来ました。

取り外したエーハイムの油膜取りを付けても良いんですが、あの油膜取り、水面の高さに敏感なんですね。
夏場は良いのですが、湿度の低い冬場は水の蒸発が増えるので、水面維持に結構気を使うのです。

要は、フィルターをもっと活発に働かせたい。フィルターを働かせるには酸素が必要。
昼間は光合成で水草が頑張りますけど、夜間は・・・・・。

薄々気付いてはいたのです。夜間にCO2が増えない。と言う事は酸素不足でフィルターが働いていない。

とりあえず、夜間エアレーションを始めます。
理想は、昼間はCO2。夜間はO2を添加。

実は、酸素ボンベをネットで探したのですが、売ってません。

現在CO2の充填を頼んでいる会社に話して見ようかと思っています。


拍手[0回]

CATEGORY[生体]
コメント[ 0 ] 2019年11月07日15:40
昼頃に届いた、二つの発砲ケース。
中には4個のビニール袋。

つまり4種類の生体を買いました(もっともその中の一つはおまけだったんですけどね、笑)。

昔は、魚も水草も難しいのを飼ってご満悦。
でもね、手入れが大変。結局途中で断念。

簡単な魚と、簡単な水草にしよう。って割り切れたのは意外と最近です。
今年の初め。
生体はヤマトヌマエビとオトシンクロスだけ(泳いでいる魚がいない、汗)。

水槽の調子が上がる迄は、生体の購入禁止にしたんです。

で、今年の夏祭り。恒例の金魚すくい(無料ですからねー、笑)。
その中にメダカがいたのです。

思わずメダカをすくって、水槽に入れちゃいました。
暫くぶりの、魚の泳ぐ水景が出来たのです。

あれから三ヶ月。水槽の状態は相変わらず良い。
魚、買おうかな?って成ったんですね。

ハイ。今日来た新人たち。


グラスキャットが5匹。


ラスボラが12匹。


ミナミヌマエビが20数匹。

何処かへ隠れて見えなくなったオトシンクロス(おまけです)が3匹。

ヤマトヌマエビではなくて、ミナミヌマエビにしたのは、水草がうっそうとしているので、自然繁殖を狙いました。
コリ君も考えたのですが、もう直ぐ水草がいっぱいに成って、土は見えなくなる予定。
そう成ると可哀想かな?なんて考えました。

ラスボラは小さな個体です。でも水槽に入れて直ぐに餌に食いつきました。

簡単な魚っていいですねー。


拍手[0回]

CATEGORY[生体]
コメント[ 0 ] 2019年11月07日12:18
アンプを作っていたら、チャイムの音。
ヤマトのお兄ちゃん。

此れが届きました。



暫くぶりのお魚さん到着。
此れから水合わせです。
勿論アンプ作りは中断(此方を優先させないと・・・・笑)。

水槽内で泳ぎ出したら、新たにアップします。


拍手[0回]

CATEGORY[生体]
コメント[ 0 ] 2019年11月06日13:20
此処の所、水槽の調子が良い。

そう言えば、生体の購入。暫くしていないなー。
現在は、めったに見られないクーリーローチ(1~2匹と思う)。オトシンクロスが3匹。
夏祭りで貰ったメダカ6匹、ヤマトヌマエビが6~7匹。

メモを見ると、今年に成ってから生体は一切買ってない。

泳いでいるのが、メダカ6匹と言うのは寂しいよね。

そんな訳で、昨日暫くぶりに生体(魚とエビ)を発注。
明日、届く予定です。

何を買ったのかは、明日アップしますね。






拍手[0回]

CATEGORY[フィルター]
コメント[ 0 ] 2019年11月05日10:43
仕事と雑用(自治会関係)に追われ水槽の手入れは殆どしていない(汗)。

で、昨日。流石にしないとね・・・・・・。
3系統のフィルターの3番目。2215(M)がプレに成って、その後2217、クーラーへと続く系列です。
メモを見てギョッ。
入り口のプレフィルター。丸々四ヶ月間、掃除をしていない。
プレだけは三ヶ月間隔でやりたい。

恐る恐る分解・・・・・・。
汚れてはいたけど、無茶苦茶ではない。
水流も落ちた様子は無かったし・・・・。

一番下のリングフィルターはとても綺麗。
次の3枚の粗目フィルターも汚れてはいるが、酷くはないし、変な臭いもなし。
最後の細めももうチョイ行けたかな・・・。

一番下の粗目と細目は新品に交換。残り2枚の粗目は、汲み置き水槽の水ですすぎ洗い。
10数分で掃除完了。
3系統のフィルターなので、掃除中も残りの2系統は働いています(此れが安心)。

調子が出てから、変わった点は、夜中にCO2濃度が上がりません(エアーレーションはゼロ)。
爆気は一切していないのに、夜中にCO2濃度が下がります。

考えられるのは、夜中にはフィルターが仕事をしていない(つまり分解する汚れが無い)。
と言う事は、昼間も殆どしていませんね(笑)。

拍手[0回]

CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月03日19:45
此処3~4ヶ月。良い調子を維持している水槽。
本職も忙しいし、水槽は調子が良いし。
と言う事で、此処数ヶ月水質チェックをしなかったんですね。

ヤット、本職も一段落。
そんな訳で、4ヶ月ぶりの水質チェックです。

測るのはpHとKH。
此の二つが判ればCO2濃度も判ります。

この場合大切なのは、一日に1回ではダメなんですね。
時間経過でCO2濃度がどう変わっているのかが大事なのです。

アンプを作りながらなので、目覚まし時計で次の計測時間を教えて貰います(笑)。

出来るなら、照明点灯時から消灯時まで1時間間隔で知りたいんですね。

照明の点灯はAM8:00。その時のデーターを取ります。
此れで、夜中にCO2がどれだけ増えているかが判ります。

実は、昨日の消灯時にも測定していたんですね。
その結果は、意外な程夜間のCO2の増加は有りませんでした(消灯時と変わらず)。

あ、勿論此れは僕の水槽の場合です。違う水槽の値は判りません。

今年の初め頃までは、夜間にCO2が増えていたんですね(それが普通)。その為夜間にエアーレイションをしていました。

フィルターの濾材の組み合わせを変えてから、段々と調子が上がり、油膜取りも要らなくなったのです。

で、今日一日の結果。CO2の添加量はもう少し増やしても良い。
KHはチョイ高い(水換えしていないのにね)。

と言う事は、水槽内にKHを上げる物質が有りそうです。
と言っても、極端に高くは無いので(2,5から3,0の間を移動)、暫く様子見です。
CO2濃度が上がっても、pHは変わらず、KHが上がりますので。

明日もアンプを組みながら、同じ測定をして見ます。
一日の結果では判定が難しいですから。


現在の照明点灯時間は8:00~16:00。
CO2の添加時間は8:15~15:30です。

拍手[0回]

| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]