忍者ブログ
CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2020年02月29日09:01
大量のロタラを引き抜いて一週間。
正直、水の悪化を覚悟していました。

ところが・・・・・・。
水の透明度は更に上がり、油膜は丸ッ切り見られなくなった。
ナンデ・・・・・・・?

ここからは仮説です。

ロタラの密植具合は半端では有りませんでした。
床屋の散髪と同じ感じで、鋏でジョキジョキ。

方法として、水面まで届いたロタラを、半分以下の長さに切り揃えるだけ。
植え替えを一切しなかったんです。
ロタラって丈夫ですねー。残った切り株から新芽がドンドン出てくる。
此処でヤバイのは切った1本の茎から数本の新芽が出るのです。
つまり、増えちゃうんです。

此れを何度も繰り返したので、密植具合は半端ではなく、紛れ込んだ小型魚は、脱出に苦労しているのを何度も見ました。
最後は、魚も入れない。

こう成ると、ロタラの中は止水状態だったかと・・・。
水槽を維持するのに、止水の場所はNG。
如何に全体に水を回すか?

今の状態なら止水域はゼロと思います。
結果、水槽の状態が良く成った。

CO2が余らないのも、光が下まで届く様になり、グロッソが使っちゃう(グロッソからの気泡が増えた)。
と考えると納得出来ます。
何事も行き過ぎは駄目ですね。

拍手[0回]

PR
CATEGORY[水草]
コメント[ 0 ] 2020年02月28日08:23
本当に手の掛からない水槽に成りました。
基本的に水換えは止めました。

ナンデかと言いますと、水換えをすると調子が崩れるのです。具体的に言いますと、油膜が発生するのです。
冬場は湿度の関係で、水の蒸発が多いですから、三日に一度程度、蒸発した分だけ補充しています。
それと、グロッソの一部に葉の黄化が見られてきたので、カリウムを毎日僅かずつ投入しましたら、可也改善しました。

現状です。



あまりにも増え過ぎたロタラを思い切って抜き取りました。
ホンの1~2本残っているだけです。
でも、また増えるんでしょうね(笑)。

写真で判るかも知れませんが、ラスボラを増やしたのです。
ラスボラを生かすには、赤い水草よりも緑かな?
それでロタラを抜いたのです。

大量に有茎を抜いたので、水の調子が落ちるかと心配したのですが、奇遇でした。
抜いた時の大量のごみ(底床から出た)も全てフィルターに吸い込ませ、水換えはしていません。
それでも油膜の発生は無かったのです。
フィルターの掃除だけはしましたけど・・・。

不思議なのは、大量に水草が減った。本来ならCO2の添加量を減らすのが普通ですが、メンドイという理由で無視(大汗)。
ところが水質検査をしても大丈夫なのです。
オイオイどうなってるんだい?

2~3ヶ月前に、前面の底床に発生した藍藻も自然消滅しました。
僕の理想。ズボラをしても維持出来る水槽。段々と近付いています。


拍手[1回]

CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月21日10:16
水槽の調子が良いので、調子にのって増やしてしまったお魚さん。
影響はすぐに出ました。
若干の油膜。

一時期、消滅に向かったんだけど、数日前から段々と酷く・・・・。

と言う訳で、一昨日から夜間エアレーションを実施。



此の程度の、小型のエアストーンです。
直径2cm弱。長さも3cm弱。

ポンプも小型ですので、盛大な泡は出ません(昼間のCO2よりも弱い)。

でも、此れが効いた。
昨日から油膜は一切無し。

正直、こんなに効くとは・・・・・。

酸素ボンベ、買わないで済みそうです。

拍手[0回]

CATEGORY[水草]
コメント[ 0 ] 2019年11月19日13:08
先日、照明時間の延長は書きましたよね。
現在は8:00点灯。17:45消灯。と言う一般よりも長い時間点灯しています。
普段は一日中家に居るので、長い時間点灯させなくても、観賞は十分出来るんですが、酸素を水草に沢山出させる為の、長時間点灯です。

結果はですねー・・・・・・。



相変わらずコケの発生は無いのですが、水草の生長が・・・・・・・。
早い・・(汗)。

ホンの数日前、ヒーターに水草が触れそうでしたので、ヒーターの取り付け位置を上に移動。
4~5cmの隙間が出来たので、此れで当分安心。
って思っていました。
ところが、数日でこの状態。

考えて見れば当たり前で、水草が酸素を沢山放出と言う事は、光合成が活発。
つまり成長をしている・・・・・。

どうしようかなー。
照明時間を短くしてエアレーション・・・・・。

拍手[0回]

CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月14日12:44
数日前から、朝方に油膜が見られる様に成りました。
夜中に出来るみたいなんですね。

昼間は、少しずつですが消えて来ます(水面が真っ平らに成る程のしつこい油膜では有りません)。

夜中の酸素不足。と考えたんですね。
とりあえず、エアーレーション(ストーンとホース)の道具も発注しました。

発注と同時に、照明時間を長くしたのです。
要は、消灯時に水草が酸素の泡で包まれている状態にする。

つまり、水草の気泡で夜中の酸素不足を補えれば・・・・。と考えたのです。

此れが成功。昨日の朝は油膜が少ない。
今朝は、殆ど見られない。

巧く行った・・・・。

で、今日、ストーンとホースが入荷・・・・・・・・(使わないよねー)。



拍手[0回]

CATEGORY[水草]
コメント[ 0 ] 2019年11月13日15:57
1年前だったら怖くて出来ない事をやってます。

水草の光合成を活発にして、酸素を補給。
結果、フィルターの能力を上げる。

そんな訳で、現在の照明は、T5蛍光管(39W)を4本。それも高輝度管です。
それでもコケの発生は微々たるもの。

水草の気泡の上げ方を見ていると、消灯間近になってから、活発に成ってくる。
水草が酸素の気泡を上げだしたら、水の酸素が飽和状態と思っています。

つまり、その時間に成る迄は、水中の酸素濃度は飽和状態に成っていない。
要するに、水草が作る酸素はフィルターが使ってしまう。

CO2濃度を測って見ると面白い事に、照明点灯時、沢山のCO2添加をしなくても、CO2濃度が上がるんです。
只今の添加量は、1年前から比べると可也少なめ。
連続添加をすると、濃度が上がり過ぎるので、間引きで添加。

で、数日前から始めたのが、酸素飽和状態を出来るだけ長い時間維持したい。
と言う事は、水草が酸素の泡を出し始めてから消灯までの時間を長く。

只今の照明点灯時間は、8:00~17:00。
昔は5~6時間が限界でした。それ以上点灯するとコケの餌食に・・・・。

様子を見ながら、照明の点灯時間。もう少し伸ばしてみます。


最近困った事に、T5管を販売している所が減りました。
日本では需要が無かったんでしょうね。
入手不能になったら、次を考えます

拍手[0回]

CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月12日16:40
暫くぶりに魚を増やして五日間。
覚悟はしていたんですけどね・・・・。

コケの発生は無いのですが、薄っすらと油膜が出て来ました。

取り外したエーハイムの油膜取りを付けても良いんですが、あの油膜取り、水面の高さに敏感なんですね。
夏場は良いのですが、湿度の低い冬場は水の蒸発が増えるので、水面維持に結構気を使うのです。

要は、フィルターをもっと活発に働かせたい。フィルターを働かせるには酸素が必要。
昼間は光合成で水草が頑張りますけど、夜間は・・・・・。

薄々気付いてはいたのです。夜間にCO2が増えない。と言う事は酸素不足でフィルターが働いていない。

とりあえず、夜間エアレーションを始めます。
理想は、昼間はCO2。夜間はO2を添加。

実は、酸素ボンベをネットで探したのですが、売ってません。

現在CO2の充填を頼んでいる会社に話して見ようかと思っています。


拍手[0回]

CATEGORY[生体]
コメント[ 0 ] 2019年11月07日15:40
昼頃に届いた、二つの発砲ケース。
中には4個のビニール袋。

つまり4種類の生体を買いました(もっともその中の一つはおまけだったんですけどね、笑)。

昔は、魚も水草も難しいのを飼ってご満悦。
でもね、手入れが大変。結局途中で断念。

簡単な魚と、簡単な水草にしよう。って割り切れたのは意外と最近です。
今年の初め。
生体はヤマトヌマエビとオトシンクロスだけ(泳いでいる魚がいない、汗)。

水槽の調子が上がる迄は、生体の購入禁止にしたんです。

で、今年の夏祭り。恒例の金魚すくい(無料ですからねー、笑)。
その中にメダカがいたのです。

思わずメダカをすくって、水槽に入れちゃいました。
暫くぶりの、魚の泳ぐ水景が出来たのです。

あれから三ヶ月。水槽の状態は相変わらず良い。
魚、買おうかな?って成ったんですね。

ハイ。今日来た新人たち。


グラスキャットが5匹。


ラスボラが12匹。


ミナミヌマエビが20数匹。

何処かへ隠れて見えなくなったオトシンクロス(おまけです)が3匹。

ヤマトヌマエビではなくて、ミナミヌマエビにしたのは、水草がうっそうとしているので、自然繁殖を狙いました。
コリ君も考えたのですが、もう直ぐ水草がいっぱいに成って、土は見えなくなる予定。
そう成ると可哀想かな?なんて考えました。

ラスボラは小さな個体です。でも水槽に入れて直ぐに餌に食いつきました。

簡単な魚っていいですねー。


拍手[0回]

| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]