忍者ブログ
CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月21日10:16
水槽の調子が良いので、調子にのって増やしてしまったお魚さん。
影響はすぐに出ました。
若干の油膜。

一時期、消滅に向かったんだけど、数日前から段々と酷く・・・・。

と言う訳で、一昨日から夜間エアレーションを実施。



此の程度の、小型のエアストーンです。
直径2cm弱。長さも3cm弱。

ポンプも小型ですので、盛大な泡は出ません(昼間のCO2よりも弱い)。

でも、此れが効いた。
昨日から油膜は一切無し。

正直、こんなに効くとは・・・・・。

酸素ボンベ、買わないで済みそうです。

拍手[0回]

PR
CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月14日12:44
数日前から、朝方に油膜が見られる様に成りました。
夜中に出来るみたいなんですね。

昼間は、少しずつですが消えて来ます(水面が真っ平らに成る程のしつこい油膜では有りません)。

夜中の酸素不足。と考えたんですね。
とりあえず、エアーレーション(ストーンとホース)の道具も発注しました。

発注と同時に、照明時間を長くしたのです。
要は、消灯時に水草が酸素の泡で包まれている状態にする。

つまり、水草の気泡で夜中の酸素不足を補えれば・・・・。と考えたのです。

此れが成功。昨日の朝は油膜が少ない。
今朝は、殆ど見られない。

巧く行った・・・・。

で、今日、ストーンとホースが入荷・・・・・・・・(使わないよねー)。



拍手[0回]

CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月12日16:40
暫くぶりに魚を増やして五日間。
覚悟はしていたんですけどね・・・・。

コケの発生は無いのですが、薄っすらと油膜が出て来ました。

取り外したエーハイムの油膜取りを付けても良いんですが、あの油膜取り、水面の高さに敏感なんですね。
夏場は良いのですが、湿度の低い冬場は水の蒸発が増えるので、水面維持に結構気を使うのです。

要は、フィルターをもっと活発に働かせたい。フィルターを働かせるには酸素が必要。
昼間は光合成で水草が頑張りますけど、夜間は・・・・・。

薄々気付いてはいたのです。夜間にCO2が増えない。と言う事は酸素不足でフィルターが働いていない。

とりあえず、夜間エアレーションを始めます。
理想は、昼間はCO2。夜間はO2を添加。

実は、酸素ボンベをネットで探したのですが、売ってません。

現在CO2の充填を頼んでいる会社に話して見ようかと思っています。


拍手[0回]

CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2019年11月03日19:45
此処3~4ヶ月。良い調子を維持している水槽。
本職も忙しいし、水槽は調子が良いし。
と言う事で、此処数ヶ月水質チェックをしなかったんですね。

ヤット、本職も一段落。
そんな訳で、4ヶ月ぶりの水質チェックです。

測るのはpHとKH。
此の二つが判ればCO2濃度も判ります。

この場合大切なのは、一日に1回ではダメなんですね。
時間経過でCO2濃度がどう変わっているのかが大事なのです。

アンプを作りながらなので、目覚まし時計で次の計測時間を教えて貰います(笑)。

出来るなら、照明点灯時から消灯時まで1時間間隔で知りたいんですね。

照明の点灯はAM8:00。その時のデーターを取ります。
此れで、夜中にCO2がどれだけ増えているかが判ります。

実は、昨日の消灯時にも測定していたんですね。
その結果は、意外な程夜間のCO2の増加は有りませんでした(消灯時と変わらず)。

あ、勿論此れは僕の水槽の場合です。違う水槽の値は判りません。

今年の初め頃までは、夜間にCO2が増えていたんですね(それが普通)。その為夜間にエアーレイションをしていました。

フィルターの濾材の組み合わせを変えてから、段々と調子が上がり、油膜取りも要らなくなったのです。

で、今日一日の結果。CO2の添加量はもう少し増やしても良い。
KHはチョイ高い(水換えしていないのにね)。

と言う事は、水槽内にKHを上げる物質が有りそうです。
と言っても、極端に高くは無いので(2,5から3,0の間を移動)、暫く様子見です。
CO2濃度が上がっても、pHは変わらず、KHが上がりますので。

明日もアンプを組みながら、同じ測定をして見ます。
一日の結果では判定が難しいですから。


現在の照明点灯時間は8:00~16:00。
CO2の添加時間は8:15~15:30です。

拍手[0回]

CATEGORY[水槽]
コメント[ 0 ] 2018年11月19日22:24
急に気温が下がって来ました。従来セットしていた150Wのヒーターでは夜間に水温を維持出来なく成りました。
そんな訳で更に150Wのヒーターとサーモスタットを追加。

今迄も、冬の期間には必要だった装備です。

でも、此れに掛かる電気代は結構なものが有ります。

朝、目が醒めると、両方のヒーターに電気が加わっているのが判ります(サーモの表示灯で)。

で・・・・。



スタイロフォームの板を水槽の前面に取り付け。
取り付けと言っても、単に置いて何かで押さえているだけです。

此れを始めたのが数日前。
その後の早朝、両方のヒーターに電気が入っていません。片側のヒーターだけで保温が出来ているのです。
早い話が電気代が半分。

昼間は、セットしてある照明の熱で結構暖まります(蛍光灯ですので)。

そんな訳で、真冬までヒーター1本で間に合いそうです。


あ、今迄の経験から、LED照明では水草の生長に今一の感じが有ります。逆に苔はLEDの光を喜ぶ様で・・・。
只心配なのが、今一番気に入っている蛍光管。製造中止に成りました。
ある程度の数は買い占めたのですが2~3年で使い切ります。
次に使える蛍光管を早く見つけないと・・・。

拍手[1回]

| HOME |

忍者ブログ
[PR]