CATEGORY[ST250 ノーマルキャブレター]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年07月09日20:51
キャブのリセッティングは順調(?)に進んでいます。でも、問題点。NGKから感謝状かな?
キャブのセッティング中に薄くして焼け過ぎたプラグは良いのですが、濃過ぎて燻り気味にしたプラグは完全にアウト。普通に使うにはマアマアなんですけど、キャブの状態を見るには絶対に使えません。一旦燻った状態を綺麗にするにはかなり薄い状態が必要です。逆を言うと燻りが進行しなければ適正かも・・・・?
で、結局新しいプラグでないとキャブの状態は把握できません。しかもパイロット系のみ。
今日も新しいプラグを購入に用品店へ。番手の違う(混ぜこぜで)プラグを買うので店員さん一瞬僕が間違えたと判断。
『番手が違うんですが?』
『キャブのセッティング中なのでプラグは消耗品で大変なんですよ。』
結構レベルの高い用品店なので、店員さんすぐに理解。
プラグ代をケチると結局は高い物に成るのを理解するのに何年掛かったかなー?

拍手[0回]

<< ブリッピングのツキを狙って その14(最終回) ブリッピングのツキを狙って その12>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT