CATEGORY[ハンターカブ]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年07月15日12:23
エンジンの腰上オーバーホ-ルをしたのが去年の夏。走行距離38,000km。メンテナンス記録を見たらその後41,000KM時に一回カムチェーンの張り調整。この時もそんなにひどい状態ではなかったけどノイズがチョット聞こえるかな?
オーバーホール直後は色々各部の馴染みが有るので、細かい調整は必要です。
で、現在45,000kmを越えて、カムチェーンノイズは聞こえません。今迄でしたら、夏の暑い盛りには結構聞こえて来たのですが・・・・・・・。
これからは、想像です。
昨年暮れに、ヘッドへのオイル供給量を増やしました。ヘッドへのオイルのリターンはカムチェーントンネルです。
つまり、カムチェーンに行くオイル量も増えたのです。
兎に角あの改造後はエンジンの気まぐれが無くなりましたし、連続長距離を走ってもダレは一切有りません。エンジンノイズは確実に減っています。
何しろ手の掛からないバイクに成りました。今年に成ってから、何にもしていません(オイル交換はしてますよ、笑)。タペット調整も全然しないままでOK。圧縮比を上げて其れ成りにパワーアップは図っているのですが、ノーマル時代よりも手が掛からなくなりました。
もっとも、ピンキー2号とST君が楽しませてくれているので、ハタカブもなんて成ったらお手上げですけどね。

拍手[0回]

<< 楽しい鼓動を狙って その3 パイロットエアージェット>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT