CATEGORY[ST250]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2010年10月17日15:41
昼食後の食休み。
何気なく、STのサービスマニュアルをペラペラと・・・・。

エーーーーーーーーー!

やっちまった

こんなページが有ったのです。
覚えていますでしょうか?
かなり以前に、STのスペアエンジンを買った事を・・・。

本当はヘッドだけで良かったんだけど、ヘッドは其れ成りに高価。
丁度事故車のビックボーイが馴染みのバイク屋さんに。

社長、サッサとエンジンを降ろして、格安で譲ってくれた。
二次エアー導入の穴を溶接で塞ぎたかったんですね。

僕は勝手に思い込み。
ヘッドとフレーム間、隙間が狭いよね。エンジンを降ろさないと腰上をバラすのは無理だろう(スズキだって事を忘れていた)。

昔、SRを弄っていた時代。ヘッドカバーでさえも、エンジンを降ろさないと外せなかった。

ダイヤモンドフレームって、エンジン降ろすの大変だよな。
きっと2年以上ほって置いたと思う・・。

サービスマニュアルのあるページ(親切な表記です)。エンジンを降ろさないで外せる部品。
『ピストン』

エーーー? ピストンが外せるって事は、腰上整備全部出来るってか?
まじめに目を通す。腰上の部品全部外せんじゃん。

エンジンを降ろさないで出来るんなら話は早い。
スペアエンジンのヘッドを外し、穴埋め。ついでにバルブ周りの整備とポートのバリ取り。

終ったら、今付いているヘッドと交換。

教訓。サービスマニュアルは隅から隅まで読みましょう。鈴木の腰上、エンジン乗せた侭で出来るの多いのです。

拍手[1回]

<< いっぺんに TMRの進化>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT