CATEGORY[BMW BINGキャブレター]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年04月27日19:01
日によって機嫌が良かったり、悪かったり・・・・。BING君に虐められています。
前回までの現象。パイロットスクリューを戻すと吹き上がらない。
で、ヤハリ僕の所為・・・・・・・。
パイロットエアー通路を掃除したら、とりあえずクリーナー液が出てきたので詰まっていないと判断しましたが、ヤハリ詰まっていたみたい・・。
以前とはセッティングデーターが丸っ切り違ってきました。
パイロットジェットは#45ではどうしても低速が安定しない。#40にしてパイロットスクリューを1回転戻すとスゴク安定。ユックリ開けて行った時のバラツキも全然出ません。前に悩んだのが嘘の様。
でも、流石に開け始めにトルク不足が出てきました。メイン系で濃くしようと#140のメインジェットを#150にしてもまだ不足。ニードルを弄るか散々迷ったのですが、メインジェットを上げる事に。と言っても其の上は#170しか手持ちがない。ナゼか#135は沢山有る。ヘヘヘ。得意のドリルチューニング。
#150は実測1.35φ。余っている#135へ1.4φの穴を開け取り付け。
表は暗くなってきたので試乗は難しいですが、3000rpm辺りからスロットルをワイドオープンすると、回転の上昇はかなり早くなってます。此れでも薄いかな?の感じもしますが、1.45、1.50の穴をあけたメインジェットは手持ちが有ります(笑)。
結局、パイロットエアー通路がつまり気味で好不調があり、パイロット系からはエアーが十分に混じっていない生ガス状態で吹き、それが燃焼室の状態を悪くし、メイン系を濃く出来なかった。と言うのが今の所の結論です。

拍手[0回]

<< エアクリの容量は・・。 ガス漏れBING>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT