CATEGORY[ST250 ノーマルキャブレター]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年09月21日18:13
プラグの焼け

丁度メッキ屋さんから仕事が上がったの電話。
ST君、試乗を兼ねてお出かけ。
20km程走った結果です。
エアクリを絞らなかった時は真っ白だったプラグ(9番)が、今度は若干燻り気味。
走った感じは薄い感じはなくなったのだけど、ドッピューーンと言う感じもなくなってしまった。
今迄の経験ではエアクリを絞ると、今一面白くないエンジンに成り易い。
でも、絞らないと吸気が薄く成ってしまう。
僕がイケナイのです。ST君、本来のキャラを無視して僕好みにしようとしているのですから。
でも、丸っ切り可能性を感じなかったなら、こんなに頑張りません。
片シリンダー400ccのボクサーエンジンと同じ口径のキャブ。(キャブの容量不足は感じません。)
昔乗っていたSR500は、標準の34φを400用の32φに交換して好調でした。
やはりでか過ぎるんだろーかなー・・・・・・。

拍手[1回]

<< キャブ口径 初めてです(汗)>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT