CATEGORY[ハンターカブ]
コメント[ 5 ] 2011年01月21日09:56
ここ1週間。ハタカブの調子がすこぶる良い。
まず、エンジン始動。早朝なのでエンジン温度は目茶低い筈。
昨年までなら、エンジン始動後、スロットルを微妙に扱いながら暖機運転。
オイルの柔らかくなるのを待って、ヤット、スロットルから手を離せた。

今年のハタカブ。
キック。勿論1発で始動。で、この後が違う。スロットルから即手を離せる。
800rpm前後でアイドリング。この時もエンストの不安の有る間引き爆発ではなく、毎回爆発の落ち着いたアイドリング。

勿論、此の侭、即走れるキャブセッティングには成っていない。

ノンビリ暖機。で、昨年迄は1000rpm迄タコが上ったら発進出来た。
今年は無理。と言うのは1000rpmに成る迄の時間が昨年よりも短い。エンジン温度が十分に上がらないでも1000rpmに成ってしまう。
結果、1100rpm迄待つ。

エンジンのご機嫌を伺いながら、ソロソロと発進(エンジン温度が低い侭での急発進は愛車を傷めます)。

1~2kmはノンビリ運転。エンジン温度の上がるのを待って、段々普段の運転に(暴走はしませんよー)。

その後の走り。単コロのパルスを感じさせながら、小気味良い回転上昇。勿論速くは有りません。でも気持ちの良い加速をするんです。

シフトタッチも気持ち良く・・・・・。

何でかな?。ハタカブなーんもしていないのに・・・?
で、ハッ。

EPLを入れたのを思い出した。
今朝調べたら、入れてから450km。

あいつの効果が出るのは300km以上走った辺りから。

過去にも色々な添加剤を試して来ました。
Z。あいつは即効性を感じるが、効果の無くなるのも早く、オイルの痛みも早めた。
M。入れて直ぐ、シフトのタッチが良く成ったと思ったら、オイル粘度が下がり、クラッチの切れが良く成った為。成分が蒸発し粘度が戻ったら元の状態へ。エンジンの調子は良く成った様な、変らない様な・・・・・・。

実は2号へも、今回のオイル交換で入れました。
キャブへの関心だけで、エンジンへ気持ちが行っていないので、なんとも・・・・・。

でも、今回の2号試乗で一つ判った事。
フロントブレーキが効かない(STに慣れてしまった、汗)。

拍手[0回]

<< 京浜ってホンダだった。 ヘヘヘ。>> [ HOME ]
Rg
八木町に住んでいるH(エイチ)さんと申します。
グラトラBB乗りです。
HP等を拝見して、かなり拘りのある方と思い書き込みました。
是非STを見てみたいです。
【2011/01/21 15:21】| URL| H(エイチ)さん [ 編集する? ]

オット。ご近所さんですね。
宜しくお願いします。
ドウゾドウゾ。只結構飛び回っていますので、来られる前に、ご連絡を頂けますと助かります。
【2011/01/21 16:15】| | ピンキー [ 編集する? ]

Hさん、はじめまして~^^
こちらでお世話になっております暇です^^
拘りのSTを是非見てみてくださいです^^

EPLσ(^^)も考えようっと^^
【2011/01/21 21:27】| | 暇主婦 [ 編集する? ]

EPLの導入は、もうちょい待って。僕が人身御供に成ります(笑)。
添加剤の本当の効果は、結構距離を稼がないと危ないです。
次回のハタカブのオイル交換で、結構判るかも。
【2011/01/22 10:21】| | ピンキー [ 編集する? ]

了解しましたです~^^
結果楽しみに待っておりますです^^
<(_妻_)>
【2011/01/22 17:24】| | 暇主婦 [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT