CATEGORY[ハンターカブ]
コメント[ 8 ]TB[ 0 ] 2011年04月07日14:09
此処のところ、一生懸命に自分の気持ちに火を点け様としています。
3月11日以来、心が落ち着かないんです。
本職をしていても・・・・・・。
こんな時、重要な仕事をすると、つまらないミスを犯し易い。

エーーーイ。気分転換じゃ。

気分が乗らない状態で、火を点け様と色々と手をつけたから、店の中は散らかり放題。
整理をしよう。いらない物の処分も・・・・。

まず、ハタカブのハンドルが目に付いた。若干の曲がりで交換。外したハンドルが店のすみっこに。

大き過ぎるので、ベビーサンダーで半分に切断。此れで危険ごみの袋に入る。

次に目が行ったのが、ハタカブのマフラー。

僕のエンジンチューンの基本は、エンジン本体には出来るだけ手をつけないで、給排気のみでのチューニング。耐久力を落としたくないんですね。

以前BMのエキパイを弄った時、その変貌には驚いた。失敗だったのだけれども、こんなに変わるんだー。
コリャー弄ったら面白いぞ。

考えて見ると、今手持ちの3台、全てノーマルマフラーを改造している。
勿論最終的には自分の手でワンオフ。

その為にはメーカー製のマフラーの中身を見たい。
どの様な設計をしているのか見てみたいんですね。

その為、エキパイに穴の開いたハタカブのマフラー。捨てないで取っておいたのです。

保管にはエキパイが邪魔なので、関係の無いエキパイを根元から切断。

左手にはエキパイを切断したマフラー。右手にはベビーサンダー。

ハハ、やっちまうか。気分転換には最高だし・・。

解体ショー


ハイ、マフラーの解体ショー。
最中合わせのマフラーですから、周りを削ればこの通り。

詳しくはHPの方へ・・。

http://hayashilab.syuriken.jp/110exhaust05.htm

拍手[0回]

<< スタート あわてずにじっくりと・・。>> [ HOME ]
Rg
やっと開けてみたんですね~笑

でも、中身は想像以上の構造でした。
まさか繋がっているとは・・・・爆
【2011/04/07 15:22】| | 山ちゃん [ 編集する? ]

暴走族仕様です(笑)。
【2011/04/07 15:36】| | ピンキー [ 編集する? ]

ホントにスカスカでビックリです。
反転パイプはどれほどの役目をするのでしょうか?
全体の容積が大きいから静かなのでしょうね
【2011/04/07 23:46】| | RTパパ(88R100RT) [ 編集する? ]

テールパイプが無いと、結構五月蝿いです。基本的にテールパイプの抵抗で消音をしている感じですね。隔壁の穴はAとBの部分はほぼ半分が抜けて、BとCは1/8有るか無いかですから、取り合えず反転の方に行くガスのほうが多いかなと・・(笑)。
最中合わせの場合、隔壁との隙間をゼロにするのって難しいんでしょね。
解体するまで、どうやっているんだろうって思っていました。
変にぴったり作ると、僅かの隙間からビビリ音が・・・。それを出さない為に、わざと抜いていると思います。
此処に僕のテールパイプの歴史が・・・(汗)。
http://hayashilab.syuriken.jp/110exhaust02.htm
オオット。追記です。エキパイに開いている小さな穴。
何の為に開けたか判る方いますか?
【2011/04/08 09:40】| | ピンキー [ 編集する? ]

穴?穴?
う~ん??
マッタク??
です~^^
【2011/04/08 17:50】| | 暇主婦 [ 編集する? ]

マフラー。作りましょう。
σ(^^)さんの周りの人材で出来そう(笑)。
年内にSTのマフラーを作りたいのですが・・・。
【2011/04/08 18:24】| | ピンキー [ 編集する? ]

全体的な位置関係がイマイチ理解できてませんが。
1.水抜き
2.背圧調整用
3.マフラーガード固定用(ネジ穴)

こんな所でしょうか?
【2011/04/08 20:25】| | RTパパ(88R100RT) [ 編集する? ]

1.水抜き
2.背圧調整用
3.マフラーガード固定用(ネジ穴)

1は一瞬考えましたが、アップマフラーです。水抜きなら一番低い所なのでないですね。
3は周り何も無いところですので、有り得ません。
2が一番考えられる理由ですね。
で、この理由で考えられる現象なんです。
昨日から排気の流れを考えているんですが・・・(仮説は有りますが)?
でも、今迄の経験で、答えって意外とつまらない理由が多かったなー・・・・と・・。

どの道、STのマフラーを作るのに火が点いたのは確実なようで・・・(笑)。
【2011/04/08 23:27】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT