CATEGORY[BMW]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年09月29日23:21
自分の体のリハビリが進む程、ハンドリングの軽さを感じさせてくれているピンキー2号。
正直なところ、この方向への改良は目指していましたがここまで変わると、実行した本人もビックリ。
寝かし際、起こし始め、今迄のBMの常識では信じられない素直さです。何しろハタカブから乗り換えて違和感を感じないのですから。
単にフレーム補強だけでは理解の出来ない変貌です。
で、得意の仮説を立ててみました。
ご存知のように、ボクサーエンジンのクランクシャフトは進行方向に対して真っ直ぐ。クランクのジャイロ効果を考えますと、バンクに移る時のクランクシャフトは平行移動。この場合はジャイロ効果での抵抗は有りません。(疑問を持った方は地球独楽で実験を)
パラ4気筒はバンク開始の時、クランクシャフトの動きは回転方向に対してねじれる動き。これはジャイロ効果には抵抗を感じる動きです。
と言う事は、元々クランク縦置きの車体は寝かし易いし起こし易い。
で、BMはこんな事は先刻承知。でもBMは基本的にツーリングマシン。この素性は悪くは無いが行き過ぎると目的には適さない。
で、車体のアライメント、強度バランスでこの性格が表に出ないようにセッティング。
今思い出してみますと、初めてK1(CB750)に乗った時、バンク開始に其れ迄に感じた事の無い抵抗感が有ったのを覚えています。あの時は変に立ちの強いバイクだなーと思っていましたが、クランクのジャイロと考えると納得が行きます。同じ理由でシングルディスクとダブルディスクのハンドリングの差も理解出来ますし。
素直にバンクを開始し、起こすのにも抵抗感無くスッと起きてくる。ボクサーエンジンの本当の姿はこっちなのかも・・・。

拍手[0回]

<< ウ~~~~~~ン? これで十分>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT