CATEGORY[ディスクブレーキ]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年04月28日17:10
81brake02

パッドを研磨したブレンボ4ポット。
走り出したら、ヤハリ違います。最初の食いつきが柔らかくなって、コントロールがし易くなりました。また、ディスクの穴を擦る音も少なくなりました。
じゃあ、これでOKかと言うとブッブー・・。ナゼ使い辛いか判りました。つまり前後のバランス。リアと比べてフロントの方が小さな入力で十分な制動力。
つまり、前後で力の掛け具合を変えなければ成ら無い。
そんなの出来るだろうと言われるとグーの音も出ないのですが、要は僕が不器用(脳梗塞で右半身不髄に成った人間ですからある意味凄い、笑)。
足には力を入れて、手は程々に、と言うのが出来ない。
リアはドラムですから、小さな入力で効く様にすると、ペダルのストロークが増えてしまいます。古傷で(オイオイ)右足首の動く範囲の狭い僕には操作不能。
と成ると、フロントを鈍くするしかない。やはり、マスターを14φに交換するしか方法は無さそうです。

拍手[0回]

<< プロだって エアクリの容量は・・。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT