CATEGORY[ディスクブレーキ]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2011年09月13日21:18
今日、STのディスク交換が完了しました。
走らないで、単にレバーを握るだけで、高剛性を感じます。
今回のレバータッチと較べると、今迄はエアーを噛んでいたかな?

で、僕がブレーキにかなり頑張っているので、勘違いをされているのでは?との思いから・・・。

僕のブレーキの絶対条件。
ブレーキは足回り、フレーム、タイヤに勝っては成らない。
此れは僕の不文律です。この中でのブレーキの向上。

つまり目指しているのは、凄い制動力ではなく、レバーへの入力に対して、あくまでも忠実に減速するブレーキなのです。

握りゴケをするブレーキなんて、最低と思っています。
只、其の上質なブレーキシステムを自在にコントロール出来る僕の腕も鍛えないといけないのですね。

今の状態。僕の望むフィーリングには程遠く・・・。
街中でのチョイ乗りでは絶対に出ない欠点でした。

今回のツーリングでの連続ブレーキング。
音を上げたんですね。

僕の欲しいブレーキは、何時でもどんな時でも、僕のレバー操作に忠実なブレーキ。
単に、強力なだけのブレーキは嫌いです。

拍手[0回]

<< 鋳鉄ディスク クラッチ調整>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT