CATEGORY[ST250 ブレーキ]
コメント[ 2 ]TB[ 0 ] 2011年09月15日22:51
数日前に交換したブレーキディスク。
まだ、パッドとの馴染みは完全では有りませんが、途中報告です。

一番危惧していた効き過ぎ。大丈夫でした。
基本的に鋳鉄ディスクは、初期食い込みが有りません。要はレバーを引いた瞬間のガクッと言った効きには程遠いのです。

効き始めは柔らかいのですが、其の侭レバーを握っていると、グーンと効いてくるフィーリング。

僕が鋳鉄ディスクに抱いているイメージです。

ですから、急激に姿勢が変わらないんですね(フォークの急激な沈み込み)。

まだ、パッドとの馴染みが出来ていない中でも、其のフィーリングの片鱗は見せています。
低速では柔らかく、高速からはイメージよりも近くに停車。でも急ブレーキを掛けている感触は無い侭で。

この感触、非常に面白いんです。ブレーキング中のサスの動きを妨げないんですね。
急減速時の緊張感が減るんです。

イメージよりも減速をしている。しかも緊張感無しで。

実は、今日浅川さんの所へ行って来ました。
浅川さんの言葉。
『ピンキーさんが、ウェーブディスクを付けているの不思議だった。』
完全に見抜かれていましたね。

昔から有る言葉。
『良いブレーキは真綿で首を絞める感触。』
ステンでは・・・・。
僕に鋳鉄ディスクの魅力を教えてくれたグッチ。

あんなの、教えてくれたから、苦労しているんじゃないか。

片鱗を見せてくれているベルリンガーのディスク。
ST君。まだまだ楽しませてくれそう。

拍手[0回]

<< ・・・・・・・・・・。 ブレーキ>> [ HOME ]
Rg
σ(^^)もブレーキで遊んでみようかしらです^^
何だか楽しそう^^
【2011/09/15 23:30】| | 暇 [ 編集する? ]

普通の使い方なら、パッドの交換とマスターの交換だけで、かなり良いブレーキになります。
マスターもラジポンじゃなく、普通の横型の14Φで十分です。
オット。今の初期制動が効き過ぎって感じなければ、マスター交換は不要です。
【2011/09/16 04:23】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT