CATEGORY[ST250 TMR]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2011年09月16日17:41
先日の裏磐梯ツーリング。
行く前日にTMRのリセッティング。試走もなしでのぶっつけ本番。

イヤ、良かったんですね。シフトダウンでのブリッピングが気持ち良いくらい決まって・・。

勿論、スロットルを大きく開けると気持ちの良い回転上昇。
本当に煮詰まってきたな。と思っていたのに・・・・。

マイペースで走る時には気付かなかった。
磐梯吾妻スカイラインの登り。ビックバイクを追いかけると言う、とんでもシチュエーション。

必然的に、スロットルの扱いがラフに・・・・・。エンジン回転は6000前後でのスロットルの急激なオン、オフ。
影をひそめていたドン付きが・・・・・・。

普段の自分よりも速い速度でのドン付き。イヤですよねー。
それ以外は従順だったTMR。

帰って来てつい欲張ってしまい・・・・・・。
あのシチュエーションでも柔らかいツキを。
欲望にはキリが有りません。

パイロット系を絞り、メイン系(特に針のストレート部を)を濃くセッティング。

どの様な組み合わせをしても、裏磐梯での気持ちの良い回転上昇を味わえない。

クッソーですよね。

悔しいけど、裏磐梯と同じセッティングに戻す。

もう一度、意地悪なスロットルワークで、ドン付きを引き出す。
此れさえしなければ、本当に従順なTMRに成っています。

ウーーーーーーン。
先はまだまだ長いかな?

と言いながら、またチョイ弄りました。
試乗は明日(M氏も一緒に楽しむ予定)。

拍手[0回]

<< 鋳鉄ディスク 鋳鉄ディスク>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT