CATEGORY[ST250 TMR]
コメント[ 4 ]TB[ 0 ] 2011年12月20日11:29
長いですよね。僕とTMRの付き合い。三年と九ヶ月。
まだ完璧とは言えないので、僕の腕もたかが知れていると・・・。

でもね・・・・・・・。

半年位前かなー。友人との会話。
ピ『低回転で高負荷(急坂の登り)なんかでスロットルを開けるとキリつくんだよね。』
友『そんなの当たり前じゃない。』

そう、其れを当たり前って思ったら、前進しません。
其処で止まってしまう。ピンキー君しつこい(笑)。

加速ポンプの誘惑に負けないで、セッティングの繰り返し。その過程で、あの計算式PAJ÷PJに行き当たったんですね。

其れ迄は、PJ(PAJ)だけを換えたんで、変に濃過ぎたり薄過ぎたり・・。
PJとPAJを同時に換える様にしたら、パイロット系の影響範囲が非常に判って来たんです。
PSも結構開けた所(1/4)辺りまで効いてくるって。

つまり、TMRの1/4。パイロット系が全て効いて、針のストレートが効いて、勿論クリップ位置も、更にNJが効いて、MJ迄効いてくる。

コリャ、悩んで当たり前。
単なるデーターを取るだけなら、何処を弄って調整しても、数値上は良いAF値を指すだろうけど、何処を絞った(開放した)かで、エンジンフィーリングは別物。

最近はあの数値の幅もだいぶ狭まり・・・・(申し訳ないですが具体的な数値は書きません。意地悪ではないのです。僕の数値で変な先入観を持たせて、遠回りさせるのが怖いのです)。

そんな感じで、つまって来たTMR。
前の条件でのキリ付きが解消したんですね。
意地悪をしても絶対に出ません。
と言って、プラグは綺麗に焼けていますし。

諦めって最低の判断。って有る人が言っていましたが、同感。
出来ないって思ったら、出来る物も出来なく成ります。
何とかしてやる。コケの一念岩おも通す。ですね(笑)。

で、昨日、チョット遠くへ行きました。仕事ですよー。
途中、100km/hでの走行。車は多いし、道路はコーナーの連続、路面も荒れている。
此処での安定性、ウソッ。ガシッとした安定性を手に入れてしまったんです。

ガシッて安定しているのに、車線変更も意の侭。
原因にはあのボルトしか考えられないし・・・・。
低速でのハンドリングの向上よりも、この方が顕著。

昨日、来られたmotさんにも試乗を・・。

感想は、普通に走れる。要は慣れていない人のバイクでも普通に走れる。
そうなんです。このハンドリングが判ったら、此れが普通、今迄のは変。
人間、贅沢には直ぐ慣れる。でもこのハンドリング、贅沢ではなく普通。
明日も行くので5週連続と言う・・・・(大汗)。

追記です。
例の計算式でPJとPAJを換え、若干狂っていると成った場合はPJを弄らずにPAJで微調整をします。

あの計算式に気付いたのも、加速ポンプを使わなかった所為なんですね。

勘違いされている方がいるかも知れませんが、加速ポンプを最後まで使わない。と意地を張っている訳ではないんです。
加速ポンプを使ってしまうと、ジェッティングが判らなく成ってしまうんですね。
非常にファジーな加速ポンプです。加速ポンプの所為かジェッティングの所為か?判断に悩むと思うんですね。
其れでなくても沢山のジェットが複雑に絡んでくるTMR。
考えなくてはいけない部分を出来るだけ単純化する。判らない部分を出来るだけ少なくする。
その為のポンプ殺しです。

尤も、今の状態ですとポンプを使う事はなさそうですが。

拍手[0回]

<< 僕はヤッパリ下手だった。 アルミ規格>> [ HOME ]
Rg
浅川さんのブログに
・・良いボルトは良いバネということです。・・
って書かれてます^^
ブレーキ周りに使うボルトのことで、フォークとは違うでしょうけど、ボルトをバネと考えるなんて凄いです^^
【2011/12/20 22:39】| | 暇 [ 編集する? ]

ヘッ、見たと思うけど忘れていた(汗、汗)。
【2011/12/21 05:25】| | ピンキー [ 編集する? ]

ピンキーさん、今日はまたも(笑)浅川さんのところですね。
TRのフロント、ストロークが短いためか、標準でダンピングがかなり効いていて、まるっきりロード仕様です。 
特に最近は寒くなってきましたので、フリクションがわからない位(笑)動きが渋いです。
オイル交換にあたり、まだセッティングを変えようとは思っていませんが、添加剤を入れてみるつもりです。動き出しの重さが多少でも和らぐといいのですが。
【2011/12/21 12:25】| | ナミ [ 編集する? ]

只今、浅川さんの所から帰ったところです。
で、またもや・・・・・(詳しくはブログにアップします)。
【2011/12/21 14:59】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT