CATEGORY[ST250]
コメント[ 0 ] 2013年04月24日21:27
此処少しの間に、僕にとっては大化けしたST(君を付けられない)。
本当に大変貌。セッティングだけでこの変わり方。

拙いなー、僕の腕がダメだったって事じゃない(大汗)。
まあ、足廻りは浅川さんのアドバイス。キャブに関しては僕の・・・(本当は違うのです)。

本日浅川さんと電話。
浅『待ってるよー、チョイ気に成るから乗せてもらっていい?』

イヤ、そんな事断らないで下さいよ。

付き合うほどに、トンでもレベルなのが判って来たんですね。

で、浅川さん、気に成るバイク以外には乗りたがりません。以前にもある馴染みのお客さん。
『押し回しただけで乗ってくれなかったんですよね。ダメな部分を指摘されました。』

一昨年の暮れ。ブログの世界では超有名なバイクを持ち込んだある人。
その方が自分のブログに浅川さんの試乗風景をアップした。

そのバイクから降りた時の浅川さんの表情に僕はハッ。
このバイク、浅川さんの基準にはマダマダだったな。

嘘をつけない浅川さん。優しいですから『乗り易かったよー。』なんて言ってましたけど、表情は・・・・・。

そんな浅川さんが僕のSTを気にしている。それだけで僕には十分。
『楽しみにしているよー。』の一言は嬉しいけど凄いプレッシャーで・・・・・・・。



試乗が終るまで、寝られそうに無い・・・・・・・(大汗)。

あ、キャブの所で本当は違うと言った件。
ある雑誌での浅川さんの記述が大きなヒントに。
その雑誌は僕のバイブルです。
ちなみにその雑誌は浅川さんと知り合う前に読んでいました(当時は浅川さんがどんな人かも知らなかったんです)。

拍手[3回]

<< 朝練は楽し。 途中経過(業務連絡、笑)。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT