CATEGORY[独り言]
コメント[ 2 ] 2013年09月12日20:33
イヤ、僕の本職は定休日なし、営業時間の決まりも無くて・・・・(自由業ですので、笑)。
つまり僕がエーーーイ休んじゃえ。って思わない限り休業日は有りません。まあ趣味を(趣味ってつまらない、道楽の方がピッタリ)仕事にしてしまった人間の性です(逆を言うと趣味を仕事にしていて今日は休みですなんて言うなよ)。

今日は頼んだパーツが入荷したって浅川さんから連絡が有ったので浅川詣で(笑)。
イヤ、僕が浅川詣でなんて書いているのが判ったら非常にヤバイ。

浅川さんの所まで約50km。

行く前に朝練(大汗)。道志の道の駅までの往復。勿論タダでは転ばないピンキー君。アイスボックスを用意。刺身蒟蒻とキムチを買って来るんだもんねー。

朝練にはシェルパで出陣。大急ぎで帰って来てSTに乗り換える・・・・・・・・・(バイク馬鹿丸出し)。

考えてみると、同じ日に両方のバイクに乗った事が無い。
可也面白い結果が出るんじゃないかとの悪戯心満杯です。

2~3日前にSTに乗った体は正直。
オイオイ、ディスクブレーキのクセにSTのドラムリアブレーキより弱いのかよ(コントロール性も今一)。

ディスクは高級品、ドラムは安物と言う営業政策に騙されちゃいけません。

ノンビリツーリングのバイクに付き合っていると時間オーバー。
ごめんなさい。追い越してしまって・・・・。

道の駅で蒟蒻とキムチを買ってUターン。

基地に戻り、バイクを乗り換え。
荷物も交換。

走り出す。拙いよなー、絶対拙いよなー・・・・・・。

ブレーキ、ハンドリング、STの方が二枚も三枚も上。でもねーーーー。

あるシチュエーション。前にノロノロの車。チョイの直線で追越をかける。
此処一ヶ月以上乗っていたシェルパの感覚で・・・・・・・・。
STは望んだ加速をしなくて・・・・・。

まあ、判り切った事なんですよね。シェルパとSTのバルタイを比べました。
シェルパの方が完全に高回転を好むバルタイ。
リッターバイクでは中々実践出来ない高回転まで250単なら回せます。

拙いんです。たった一箇所を除いては、全てがSTの方が勝っています。
STの唯一の負ける点。
高回転のパワー。

STのカムシャフトを作っちまえば不満は無くなるんだけど、其処までSTを弄っても良いのかなー・・。



シフトペダルに関しての追記です。
今日の浅川詣でで、プレスで良けりゃ簡単に修正できるよ。
ってありがたい言葉を貰ったんですね。

でもその後に言葉が続いて・・・・・。
浅『ピンキーさん、微調整の出来る構造を考えてよ。』

そう、ペダルの高さ、1mm違っても全然感触が変わります。其れを判っているからBM2号は凝ったシフトペダルにしたんですね。

つまらんシフトミスでコースアウトなんか恥ずかしい。
やりますかね(溶接マスクは買っちゃたんですけど)、リンクを使わないでペダル高さの調整機構。

あ、更についでに、BMやグッチ、何を考えているんだかチェンジリンクの両側が正ネジ。
つまりリンクロッドを回してもペダルの位置が変わりません。
国産車はリンクロッドの片側を逆ネジにして有るのでロッドを回すとペダル位置の微調整が出来ます。
勿論2号は片側逆ネジにして微調整が出来る様にしました。

どちらの方式がお馬鹿さんかって判りますよね。

拍手[1回]

<< すわっ、急病人。 忘れてたー(業務連絡です)。>> [ HOME ]
Rg
すでにノーマルSTでは無くなっているので~
STと考えずに~
スペシャルバイクを作っているつもりで~
とことん、やっちゃいましょう~
です~^^
【2013/09/13 12:53】| | 暇 [ 編集する? ]

STを弄ると(お金を掛けると)次の計画がドンドン延びて・・・・。

いまのSTの状態は日常の使い方に合っているので、どうしよーかなー(珍しく迷っています。何時もならイッチャエーなんだけど)。
【2013/09/13 13:09】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT