CATEGORY[ST250 フロントフォーク]
コメント[ 2 ] 2013年10月08日17:17
エーーー。もう一台のSTもフォークチューンしちゃえ大作戦(長い)。
単にベアリングを入れるだけでは面白くない。

プリロードも合わせちゃえ。

で、ライダー。僕よりも大柄です。と言う事は僕よりも1Gで沈むのが多い。
1Gでの姿勢も合わせましょう。と言う事で実際に跨いでもらって今現在のリバウンドストロークを測ってもらう。

ヘヘ、ヤハリ・・・・・・・・。
僕よりも2mm多い。

と言う事で・・・・・・・・・・。



まず、入れるベアリングの厚みを測ります。
僕の場合は、この厚み分スペーサーを切断してドンピシャ。



切断するスペーサー。何と新品をストックしている(エライ!)。要はスペーサーを切り過ぎた時の為。

今回はストックを切って取り付け、今付いているノーマルサイズを僕が貰えば同じ事。

ベアリングの厚みが11mmでしたので、9mmカット。

真っ直ぐに切らないとNGだけど、旋盤で切っちゃえば簡単なんですね(笑)。



拍手[0回]

<< フォークスプリング(試乗結果、そのⅡ)。 思い起こすと・・・・。>> [ HOME ]
Rg
39φのスポーツスターでも可能でしょうね。一度挑戦してみようかな。インナーチューブの内径が肝心で工作の素人には難しそうですね。旋盤と材料以外には、何か必要なテクニックとかありますか?
【2013/10/08 22:37】| | かずやん [ 編集する? ]

旋盤加工が出来れば難しい作業ではないです。
正しい寸法取りだけ気を使えば大丈夫です。
兎に角スムーズに成りますよ。
【2013/10/09 00:15】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT