CATEGORY[ST250]
コメント[ 0 ] 2016年06月21日11:47
非常に気には成っていたんだけど・・・・・。
愛車ST君。
エアクリの無い状態では走りたくないし、弄っている時間は無いし・・(昨年はリハビリへかなりの時間を使いましたから)。

そんな訳でST君は昨年の信州ツーリング以降1mも走っていなかったのです。
しかもエンジン始動も全然しないで・・。

VTRがシッカリとした、よしSTも。

そんな訳で昨日の早朝にSTを引っ張り出し(VTRとの位置交代)ガソリンコックをON。
ジャバジャバとガソリンが盛大に漏れ出した。
TMRのオーバーフローパイプからの漏れ。
オイオイ・・。

フロート室を外しニードルバルブのチェック。ダメだ、ニードルの動きが渋い。バルブの表面は若干の緑色(変質ガソリン)。
TMRのストックパーツは沢山ある(4連キャブが眠っている)。そいつからニードルバルブアッシーを外して交換。
MJ、PJ共外して覗くと穴が塞がっている(大汗)。パーツクリーナー攻撃で無事に開通(初期で助かった)。
その後エンジン始動。無事に掛かったのだけれどアイドリングが決まらない。

ウーーーン、パイロット系が詰まっているな。

車体に乗せた侭でこれ以上の修理は無理。
どのみち32Φに交換するつもり(32Φは入手済み)なのでまあいいか。
今掛かっている本職が一段落したら始めます。


拍手[3回]

<< あそこが原因かも? ヤハリ、あのチューン行きますか。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT