CATEGORY[ST250 電装]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2008年07月12日13:06
数日前にバッテリーレスの話題を載せましたら、昨日このBLOGへ『ST250バッテリーレス』の検索で訪れた方がいました。
(安心して下さい。誰が検索したかは判りません、笑)

食休み中にチョット考えて見ますか・・・。

まず、基本的にST250(スタンダード)はキックスタートがないので、バッテリーレスにするとセルが廻りません。常時押し掛けはキツイので、キックの付いているEタイプに限って考えて見ます。

単に机上の考えですので、発電量は考えません。常時ヘッドライトONですからアイドリングでの発電量は十分に有るとの前提です。

バッテリーレス車の条件として、エンジン始動時にキックで発電出来る電流で、点火系に火花を飛ばせる必要が有ります。

此れを満足出来るのは、昔のフラマグ点火とフラマグCDIです。

どちらも、発電機の発電した電力で直接イグニッションを働かせています。つまりバッテリーがどの様な状態でも関係なく、エンジンだけは始動します。

さて、ST君のCDIは・・・・?

回路図を見ますとバッテリーCDI。つまりバッテリーからの電力でCDIを働かせています。

更にヘッドライトが常時ONでバッテリーで点灯されていますから、キックでヘッドライトとCDIの電力をまかなうのは難しいでしょう。

バッテリーレス車はヘッドライトも発電機から直接点灯されています。

結論です。

STをバッテリーレスに改造は基本的に無理。
やって出来ない事は無いけど、発電機のコイルを完全に巻きなおし、CDIも別な方法にすると言う様な、とんでもない手数が掛かります。

でも、好きな人はするのかなー・・・?

拍手[0回]

<< ETC車載器 エイボン>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT