CATEGORY[ハンターカブ]
コメント[ 4 ]TB[ 0 ] 2008年07月18日20:28
約、2500kmでクリーニングに成った、ハタカブのエアクリ。
今までは一日で組み上げていたのですが、考える所が有って、二日間掛けてクリーニングをしました。

と言うのも、今迄一日で組み上げると、オイルを塗り過ぎ状態に成って、ガスが濃くなり、プラグを死なせてしまったからです。

新品のK&Nは結構真っ赤な色。

同じくらい塗るとガスが濃くなる。

なんでかなー?

で、実はピンキー号の前回のクリーニング。結構オイルを塗りました。

直ぐに乗る必要も無いので、其の侭放置。

一日経ったら、余計な分と思われるオイルが下に落ちていました。

あのオイルは粘度が結構高い。塗りたてはフィルターの表面に膜を作ってしまい、エアクリが詰まった状態に。

時間を置くとオイルがエレメントに染み渡り、エレメントとして良い状態に成ると想像したのです。

結論として正解だったみたい。

塗ってから24時間放置したら、ガスの濃い症状は出ません。

それよりも、今迄は詰まっていたよーと言うエンジンのフィーリング。

長い事K&Nと付き合って来て、塗り方が難しいと思っていたのは、単に塗って直ぐに走ろうとした為かも知れません。

K&Nを愛用の方はお試しあれ。

拍手[0回]

<< 益々深みに グッチの形見>> [ HOME ]
Rg
SRのスポンジのクリーナーにはOFF用のフィルターオイルを使用しています。しばらく乗らないとオイルが固まってしまうみたいである程度走ると高回転まできれいに回るようになります。
【2008/07/20 17:53】| | RTパパ('88R100RT) [ 編集する? ]

チョット面白いオイルですね。OFF用という事は、かなりの埃を前提にしているのでしょうか?
水没を考えて撥水性を重視していたりして(笑)。
【2008/07/20 18:34】| | ピンキー [ 編集する? ]

納豆の様に糸を引きます!
「全体に馴染ませて固く絞ってください。」
これが結構難しい。絞りきれずに時間が経つと目詰り状態です。
【2008/07/20 20:16】| | RTパパ('88R100RT) [ 編集する? ]

K&N以前は良く混合油(ガソリンとフィルターオイルを混ぜる)状態にしてフィルターに染み込ませていました。
こうするとガスは蒸発してオイル分だけ残って、良い状態にし易かったです。
【2008/07/20 22:42】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT