CATEGORY[BMW 足回り]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2008年10月02日13:23
エーーーー、人の悪口を言ってはいけません。必ず自分に帰ってきます。昔、偉い人が言いました。

ピンキー君もその例に漏れず・・・・・・・・。

HPを御覧の方はもうご存知でしょうが、僕はフォークを裏返しに組んでます(左右逆とも言う)。

理由は長くなるので、興味の有る方はHPの方を覗いて見て下さい。

逆組みをすると、ドレンが前に来て、オイルが全部抜けないし、フォークの下を伝って流れて汚らしい。

なんて理由で、アウターチューブの反対側にドレンを付けたのです。
考えてみると丁度6年前。

今もたいした腕ではないけど、当時は・・・・・・・。

メタルパテの性能を信じ切っての作業でした。

アウターチューブ

結果はこの通り。この作業後も同じメタルパテを何度か使い、機械強度はデブコンよりも上、でも接着力が弱いのが判ってきたのです。特にほんの少しでも油分が有るとNG。

この中心の土手の両脇をパテで固めたのですが、ドレンのネジの圧力でセンター部分が割れ、両側に広がって剥がれ落ちたと言うのが僕の見たところです。

今は2号を作るのに必要に成って買ったサンドブラストが有りますので、早速ブラスト処理。

問題は雌ネジとガスケット部の垂直をどうやって出すか?

最初の時はフライスに咥えて、平面部とネジをいっぺんに加工しましたから垂直は保てましたが、今回はそうは行きません。

さてどうするか?

(きっと実況中継に成りそうな今日のブログです)


使用したメタルパテは
 http://hayashilab.syuriken.jp/110chemical04.htm










拍手[0回]

<< アウタードレン モト○○よりもっと馬鹿やろーだったピンキー君>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT