CATEGORY[ST250 TMR]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2008年10月05日23:21
エーーーーー、なんと言うか・・・・。ST君のTMRセッティングが出てしまったらしい。

要は前回に書いた、PS戻し量の考え方に変えたら、どうもドンピシャだったらしい。らしいと書くと自信無さそうだけど、この考え方はノーマルキャブを弄っていた時に感じていたもの(当時のブログにも書いています)。

つまりパイロット系が2ポートの物は、PS戻し量で濃さの調整はせず、ジェットですると言う考え方。

基本的にPS戻し量は、アイドルポートとスローポート(ミクニではバイパスと呼んでいる)の吐出し量の分配を決める為に使い、総量はPJとPAJで決めます。

色々と弄っていたら、二つのポートの分配点の適正位置は、PS戻し量1回転前後に見えて来ました。

其処で、PSは1回転戻しで固定。一切弄らずにPJとPAJだけでのセッティング、それに伴い針の交換とクリップ位置の調整。

これが大成功。パイロット系とメイン系の繋がりが今迄で最高。と言うかつながり目が判らない(笑)。

あまりにも自然なレスポンスに拍子抜け。

俺、今迄何をやってたんだろう。

其処で大問題。目標を失ってしまった高速一周セッティングの旅。

単なる一周旅行に成ってしまいそうで・・・・・。

拍手[0回]

<< 決行 センサー強化>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT