CATEGORY[ハンターカブ]
コメント[ 5 ]TB[ 0 ] 2009年12月17日11:40
バイク屋さん

今朝の店の中。ハタカブまで入ってしまって、完全にバイク屋さん状態。
今日は何もしない予定だったのに・・・・。

何の気なしに、過去のメンテ記録をチェック。拙い。ハタカブのフォークオイル限界だ。

キャブ交換のし易い位置に置いて有る2号。
邪魔。
STにピタリと寄せ、場所を作りハタカブドックイン。


オイルドレン

僕のハタカブのアウターチューブ。嬉しい事にドレンが有ります。僕が買った直ぐ後になくなったみたい。
今、部品で取るとドレンの無いアウターチューブが来ます。
要は、メーカーのコストダウン。

此れのお陰で、オイル交換は朝飯前。


抜いたオイル

4000km強走ったオイルです。略真っ黒。まあ嫌な臭いはしていませんでしたのでギリギリセーフ。

変な金属粉も無く、まあまあの状態です。

メスシリンダー

オイルの計量。正しくは油面でしょうがハタカブにそんなの贅沢(単にメンドイ)。
メスシリンダーに付着して残る分、余計に計量します。


オイル注し

オイル注しに入れ替えて、此処からが僕流のやり方。
写真の様にオイル注しを潰します。空気を追い出すんですね。

この状態でフォークの上にかざし、逆さまにするのと同時に手を緩め、潰すのを開放。

そうすると、空気が逆流してオイル注しからオイルが垂れません。
勿論空気が一杯になれば出ますので、スピード勝負。

でも、数秒有りますので結構平気。


注入完了

この状態で暫くほって置きます。オイル注し内に付着したオイルを綺麗に出す為です。

さあ、これから4000km、頑張ってね。

拍手[0回]

<< 初めてのご対面 ワイヤーアジャスター>> [ HOME ]
Rg
お騒がせしました・・・。

僕のハンターには下のドレン、ありません。
あぁ、フォークオイル交換で前回りのバラシです。
【2009/12/17 12:10】| | ビモビモ [ 編集する? ]

ドレンの付いているハタカブって、今では珍しくなっているみたいです。
10年以上活躍してますからね(笑)。
でも、ドレンのないハタカブのオイル交換。かなり大変そうですね。
そう言えば僕はまだハタカブのフォークスプリングとインナーチューブを目にした事無いんですよね(汗)。
ゴムブーツを剥がした事無いんです。
10年以上見ていないので、今更見るのが怖い・・・・。
【2009/12/17 12:56】| | ピンキー [ 編集する? ]

今日の帰宅です。
ハタカブ君、若返りました。ピチピチギャル。
フォークが余計な動きをしない。結果・・・・。
フォークオイルもエンジンと同じなんですね。今回距離は走っていませんが1年以上のスタンス。
チョット拙かったみたい。
ヘヘ、明日の出勤楽しみ。
【2009/12/17 20:57】| | ピンキー [ 編集する? ]

ご無沙汰しています。(生きてました。)
ボクのもドレンがありません。
走行距離12000Kmですが、全く交換していません。ドレンのあったあたりにタップを立てようかと考えています。
【2009/12/19 11:56】| | ほいほい [ 編集する? ]

ご無沙汰です。ハタカブ、機嫌を損ねちゃいますよ(笑)。
ちなみに僕は、オイル量は標準。粘度は若干硬めを入れています。
昭和のSS8と同粘度です。
タップを立てる時は、シール面との垂直が大切です。チョットでも曲がるとオイル漏れに成ります。結構圧力が掛かりますので。
【2009/12/19 14:01】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT