CATEGORY[ツーリング]
コメント[ 3 ]TB[ 0 ] 2010年08月05日14:46
此処の所の暑さ、凄過ぎる。日中だけでなく、夕方だって乗る気が起きない。
と言って、九州行きは近づいてくるし、バイクの調子を見ておかなくては(年中弄って、様子が判らなくなった僕の所為)。

今回は二次減速比の確認とメインジェットの確認。
どちらも高速道路でないと確認不能。
高速料金は高いよねー。

ホンジャ・・・・・・・・。

バカの一つ覚え。高速一周。前にもSTで1000km走ってしまったし。
まあ、あの時はSTで1000km走れるんだろうか?の興味も有ったりして(以前グッチで下道500km、高速500kmの日帰りは経験済み)・・。

今回は其処まではイイヤ。一番近場で一周すると・・・・・?
中央道、長野道、上信越道、関越道、圏央道。と言うのが短い周回コース(約450km)。
日帰り450kmを、ハタカブで走るピンキー君ですから軽い軽い(笑)。

コースは以前アップしたものにチョット修正を。
相模湖ICから西へと入ります。岡谷JCから長野道。更埴JCで上信越道に入り、藤岡JCで関越道。関越道を都心に向かって走り、鶴ヶ島JCで圏央道。
圏央道を南下。八王子JCで元の中央道に入り東へ。八王子ICで下りれば、料金は相模湖→八王子間の¥550。でも平日割引で¥400。時間によっては、通勤割引で¥300。安いです(笑)。

暑さの所為で(歳の所為では有りません、キッパリ)早起き。
店を出たのは5:30。
がらがらの大垂水の予定が・・・。
早朝って大型が距離稼ぎをするのね(大汗)。

でも、最近のST君は頑張る。上り坂で大型トラックを綺麗にパス。
ノロノロ先頭車を抜けば、其の先はがらがら。

思いっきり楽しみます。
あっと言う間の相模湖インター。5:58イン。拙いかな?6:00過ぎでないと通勤割引には成りません。¥100差だしまあいいか。

上野原を過ぎると、談合坂の急坂。MJチェックには最適。
ジンワリスロットルフルオープン。

ヘヘ、薄い。此れでチェックはお終い。
と言うのも、今のMJより2,5番大きくするだけで1/3前後が濃く成ってしまうのです。
MJを大きくすると同時にNJを絞らないといけないんですね。
MJ、PJは積んでいるけど、NJは積んでない。持ってくりゃー良かったかな?

まあ、対策方向が見えただけでも、本日の目標達成。
途中のSAには全部止まる予定だったんだけど、走り出したピンキー君はもうダメ。
休むの面倒なり。

中央道の一番キツイ上り。須玉を過ぎた辺りからドンドン出てきます。
此処では、スプロケのチェック。5速の侭で登り切れるか(途中で加速も可能か)?

此処もキッチリ合格。と言うか2枚減らしたのを感じません。
間違いなくトルクが増えている。

で、最初の休憩場所。

高速一周

中央道原PA。SAでは有りません。
実は出発前夜、ネットで検索。どこのSAで(PAで)何が食べられるか?

要は朝食の下調べをしていたんですね。

目的

目標は此れ(笑)。
ネットでの写真が旨そうで・・・。

券売機にはソースカツどん¥650。ビックリソースカツどん¥700。
どう違うのかを、券売機は答えてくれない。
僕の事ですから、迷わずビックリのボタンを・・。

店内の写真は並しか出ていない。
出てきたビックリもそう変わらない。
どこが違うんだろう?¥50だしなー。

忙しそうに働いている、バイトのお兄ちゃんに聞いても可哀相だし・・。

遂に

で、張ってあるビラ。ポイントカードだって。遂に此処もか。荷物を運んでいる運転手には有り難いでしょうね。

大食漢には

表には・・・・・。ウーーーン、高速の上とは思えない。民営化だから出来たんでしょうね。
SAで売っている物も、バラエティー豊かに成ってきましたし。

不味くは無かったけど、期待した程でもなく、まあ値段どうり。

お腹は満タン。
次の目的地は諏訪SA。
九州での仮眠予定地点。
雨でも仮眠が取れる所が有るか、の確認です。

中央道原PAを出たら・・・・・・。10数キロで諏訪SA。
ハイ、休憩の間隔なんて考えていません。頭にあったのはソースカツどんの一言だけ・・・・・・。

諏訪SAを探検。ベンチが無い。一人用のイスばかり。
此れじゃ横に成れないよ。

周りには芝生が有るので、雨さえ降らなければ銀マット1枚で行けそう。
ネットでは風呂は22:00(休日)迄と成っていたけど、結構不定期で21:00の日と22:00の日が有る。
事前確認が必要そう。

雨の場合の仮眠場所を、もう一度検討かな。

さて次は梓川SA。目的はガス補給。
最近高速の上ではガスが高いのです。で、出来るだけ早めに補給をし、家に戻る時には空っぽ直前と言う狙いで・・・・・。

梓川SA。此処迄の走行距離182km。
補給量・・・・・・。4,66ℓ。
新潟の帰りよりもリッター10km程伸びている。しかも今回の方が早いスピードなのに。
思わずニコーーーー。

途中で、またもや全開テスト。
ナンカ変?
ジェットではなくプラグ?
薄いだけでなく、若干ミスっている様・・。

朝食が重かった。段々まぶたが・・・・・・・。

眠い。佐久平PAへ。
予定では此処で昼食。ところが時間は10:00。
予定よりも2時間も早い。そりゃそうですよ。止まる予定のSAを、殆ど飛ばしちゃったんだから。

プラグ交換にはエンジン温度高過ぎる。火傷しちゃうもんね。
丁度木陰にベンチ。
エンジン温度が下がるまでゴロリ。
高原の風が気持ちよく、シッカリと昼寝。
20分寝て目が覚めた。
頭スッキリ。

プラグを外すと、店を出る時に有った陰りが、綺麗に焼け切れている。
外周部の金属も綺麗。
前と同じ状態なら、OKだけど、綺麗に成るって事は焼け過ぎ。
6番を外し7番に交換。
シングルエンジンは、こんな時にも非常に楽。

水分の補給と放出をして出発。

もう一度全開テスト。今度は薄いのだけでミスらしい症状はなし。
ヤッパリプラグか。

目標のテストが終わったので、後は帰るだけ。

デジスピの時計を見ると、この調子では13:00ごろに八王子に着いちゃうぞ。

と言って、走っていないとムチャ暑いし、途中で下道にすると高速代が・・・・。

取り合えず上里SA。

中を探検。前回の新潟帰りには、時間が遅過ぎていたので、閉まっている店がいっぱい。

今日は開いている。

其の中の一軒。スイートポテトの店。店の中で焼いているのでいい匂い。

つい匂いに誘われて・・・・・。
カウンターの中の女性(40前後、結構美人、品も良い)に
ピ『この気温の中でどの位持ちますか?』
『長時間、閉っ切りの車内に置かなければ大丈夫です。』
ピ『バイクなんですけど、1時間半くらいで帰れるんですが。』
『運転で形の崩れる方が心配ですね。』
ピンキー君、惨敗。

シッカリと買ったスィートポテト。
衣装ケースに入れる。
高速を走ると、低速走行の方がショックが来易い。
スピードに乗った方が、コンッの軽いショックで済む。

ヨーシ。八王子まで休息なし。スピードは・・・・・・・・。
八王子インター12時台に通過したと思う(時計を見ていない)。

で、料金¥300。そうか、通勤割引時間中は、高速の上にいたもんね。

土産

買ったスィートポテト。昨夜いただきました。旨かったー。
また買おう。


更新


スィートポテトを守る為。新記録。

拍手[0回]

<< 飲み過ぎ注意(オ・サ・ケ) ツーリングの朝は・・。>> [ HOME ]
Rg
お帰りなさいませ!
私は朝早く 点火時期をチェック ???進角が止まらない??? 何度見てもZマークが消える
元のトリガーユニットに交換 問題ない で 急いで元のトリガーユニットのスプリングを ピンキーSPに交換 進角が3500rpmではOK 4500rpmまで進む 上奥に見える・・・
まあ良いや で 試乗 これまでで 一番いい(多分、中古で買ったユニットがおかしい?)
走りながら 点火時期を微調整 5回ばかり 木陰で休憩+調整 アイドリング時 気持ち遅れ気味で 決定しました 5千ぐらいまで気持ちの良い加速が楽しく 快適に成りました
点火時期 アイドル時 規定値より3mm遅れ 進角終わり 4000rpm 規定値より1.5cm進み 正確な角度や回転数はわかりませんが・・・
コイル交換は ステーの製作が面倒で いえ 暑いため 寸法取りや製作が・・・熱中症になりそうで 涼しくなるのを待っております へっへっへっへ!!!
【2010/08/05 22:35】| | あまぞん [ 編集する? ]

無事にお帰りになって一安心です~^^
走るだけで濃いのか薄いのか分かるんですね^^
そんな感覚身につけたいです~^^
それにしても、ST君が122キロ^^
シングルエンジンも捨てた物ではないのだ^^
って、ピンキー号だからか・・

焼きポテトですか??
美味しそうです~^^
【2010/08/05 22:51】| | 暇主婦 [ 編集する? ]

お二人にはご心配をお掛けし・・・・m(__)m。
でも心配した理由は、僕の歳って無いですよね(大汗)。
イエ、言い訳ではないんですが、昨日店で13:20ごろ無事帰宅をコメントに書いたんですが載らなくて・・・。
17:00ごろ自宅で気付いたのですが、其のころはベロベロ・・・・・・。
122km/hの記録は、緩い上り坂、スロットル1/2で達成。それ以上は車体の安定性で・・・。
エンジンはまだまだ状態でした。
で、其の時の回転数を見ていなく・・・・・。
【2010/08/05 23:41】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT