CATEGORY[ST250 ノーマルキャブレター]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2010年08月16日11:04
三役揃い踏み

かなり以前に撮った写真です。
STのノーマルキャブ。CR26Φ。TMR28Φ。

写真でお判りのように、TMRとノーマルキャブの全長は略同じ。
この為、スピゴットと吸気側のマニホールドを作るだけで、ドンピシャ、エアクリボックスへ接続できました。

問題はCR。全長の長さは半端ではない。設計の古さが見え見え。
短い分には延長すれば良いんだけど、長いのはカット・・・・・。
無茶ですよね。

ノーマルエアクリとキャブの接続は、一般的に複雑な形状のパイプが使われています。
メーカーは量産ですので、型を起こして一発成型。
1個物でこの手法を使ったら・・・・・・。バイクが何台買えるんだろう(汗)。

で、此処をどうするかで、CR化にブレーキが掛かっていたのですね。
勿論TMRを止めちゃうんではなく、どちらも楽しみたい。
其の日の走るシチュエーションで、取り付けるキャブを換えたりして・・・。

CRは初経験ですが、先人たちの意見でTMRとどう違うかもおぼろげながら見えてきましたし・・。

で、昨夜のアップ記事。酔った勢いでしたが、何で今迄、思い付かなかったの?

ノーマルエアクリボックスに拘り過ぎました。

キャブ本体をボックスに入れるのは難しいけど、ファンネルだけを入れるなら・・・・・・・。

STのエアクリボックス。只の箱です。エレメントは外付け。
単気筒には理想的な方式と思っています。吸気音も押さえられますし。

そうなんです。エアクリボックスを作っちゃえば良いだけの事なんですよね。
こんな時、二本サスはチョー楽勝。
フレームの空間がタップリ。

エアクリボックスの取り付け位置を、前後二箇所に移動出来るようにすれば、CRとTMRの長さの差を吸収出来ますし。

拙いなー。アイディアは良いんだけど作っている時間が・・・・・・。

拍手[0回]

<< なんとかにつける薬は・・・・・。 キャブ口径>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT