CATEGORY[BMW 車体周り]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年09月16日14:05
スペーサー

シートが高くなって、結果低くなってしまったピンキー号のハンドル。
来週には行かなければいけない処が有るし、ピンキー号が一番楽で楽しいし・・・。
で、昨日の残業。
ハンドルポストの下に11mmのゲタを履かせました。11mmと言う数字にも別にこだわりは無く、目見で削ったら11mmだったと言う何ともはや・・・・・。
僕のハンドルポストは上下貫通ではなく。ポストの下側の部分にM8のタップを立て、上下からボルト締めの構造です。
こうしておいて良かったー。ハンドル周りは一切緩めずに、アッパーブラケット下側からボルトを外し、ポストを持ち上げゲタを差し込み、10mm長目のボルトで下から止めるとOK。
やった事の有る方は判りますよね。ハンドルが止められない状態は、手が3本欲しく成ります。
簡単に終わったので残業手当はナシ(笑)。
実は、持ち上げたかった理由が、もう一つ有ったのです。
クラッチレバーの角度。
今迄もチョイ下げたいな。と思っていたのですが、ワイヤー調整部がフォークのトップナットに当たって下げられませんでした。
10mm上げればレバーの調整範囲も広がります。
思ったとおり、丁度良い位置に調整出来ました。
少しずつ少しずつ、自分のバイクに成ってきています。

拍手[0回]

<< ブレーキ考 何屋さん?>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT