CATEGORY[BMW]
コメント[ 2 ]TB[ 0 ] 2011年02月09日18:02
朝のうちは雪が舞っていた天気が、昼ごろから急激に回復。
一時諦めた2号の試乗。
ニコニコと2号を表に引き出す。

CRを付けてからの実走行距離は5km。
その時のフィーリングは、トンデモじゃじゃ馬。こんなの乗れないよね。

その後のセッティングは室内でだけ。針を弄り、ジェットの交換。
出来る事はブリッピングとプラグのチェックだけ。
走らないでのセッティングですから、何処まで詰められたのかが全く不明。

その後の様子は此方に載せました。

http://hayashilab.syuriken.jp/80cr26.htm

実は一番心配だったのは、2号ではなく僕の体力。
1年半、2号には乗っていません。軽量のSTばかりに乗っていましたから、2号の重量をコントロール出来るか?凄く不安だったのですね。

最初はチョイオットットでしたが、20Kmも走ると完全に平気に。

2号への改造目的は、車体の軽量化が最大の目標だったのです。
例の病気で体力、反射神経も落ちてしまったのですから、軽量にして扱い易くするのは最重点課題だったのです。

今日の走りで、軽量の有り難さをつくづくと感じました。怖くないんですよね。
浅川さんにも『軽い。』って褒められましたし。
僕と同じくらいの年齢に成りますと、バイクを降りる人が少なくとも見られます。

でも、降りるのって寂しいですよね。
そんな時は、愛車の軽量化って一番の方法と思っています。軽ければ何とでも成りますから。
それでも無理な体力に成ったら、小型車への買い替え。

昔、友人に言われました。
『ピンキーさんは、老人に成って大きいバイクに乗れなくなっても、カブ辺りに乗っているんだろーなー。』

大正解。バイクに乗れない人生なんて・・・。

拍手[0回]

<< 軽い興奮。 ヤハリ楽しい。>> [ HOME ]
Rg
う~んそうすると、カブの改造をする老人が現れるということですね~^^
それも楽しいかもしれない^^
ワクワク、ワクワク^^
【2011/02/09 18:32】| | 暇主婦 [ 編集する? ]

老人と呼ばれるのにはもうちょい時間が・・・・・(汗)。
でも、浅川さん。今日、僕の方が年上と知って驚いていました。馬鹿ばっかりやっていますからねー(笑)。
【2011/02/09 18:37】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT