CATEGORY[独り言]
コメント[ 10 ] 2011年04月28日13:08
今日は朝一番でお出かけ。ハタカブではチョットかったるい距離なのでSTを引っ張り出す。

走り出し・・・・・・。
MAJを生かしたセッティングも煮詰まって来て、其れ成りに良い雰囲気。

車の流れに乗って走っている間は平和だった。
車の数が激減。都合の良いワィンディング。思わず鞭が入ります。

コーナーに上手く進入。スロットルを開けてトラクションを引き出す・・・・。
足らない。2号のトラクションに体が慣れてしまっている。
更にスロットルを開けても所詮250cc。欲しいトラクションは得られず・・。

参ったなー。人間贅沢にはすぐに慣れる。欲しいトラクションがいつでも得られる、2号のエンジンを知ってしまうと・。

でも、ST。間違いなくトルクは上がっている。今迄よりも早め早めのシフトアップを、無意識にしているんだから・・。
4速の侭で、交差点左折を難なくこなしてしまうし(勿論クラッチは使わない)。

良くは成っているST。でも遂2号と比べる自分がいて・・・・。

今回、金欠なのに無理して2号のタイヤを変えたのも、あのトラクションの所為。あのトラクションを楽しむには、古いタイヤは拙い。の決断だったのですね。

参ったなー。実際ハタカブは更にパワー不足を感じて、通勤以外には使わなくなってしまったし。
STを通勤に使うのは、悪戯が怖くて無理。

どうしよう・・・・・・・。

拍手[0回]

<< 我慢が出来ない。 キャブ口径>> [ HOME ]
Rg
これはもう1台増やす為の言い訳なのかな~?
(自分を騙す為?)
【2011/04/28 13:42】| | Coaxial大好き [ 編集する? ]

今度の機種は何かな~?
【2011/04/28 13:44】| | Coaxial大好き [ 編集する? ]

殖やす気は全然有りません。新しく増やすと最初のセッティングに無茶時間が掛かるのが判っていますので。
2号のパワーダウンが一番簡単なんだけど・・・。
STのスペアエンジンのヘッド面研。
エキゾーストの新造。
どちらかに掛かりそう。
【2011/04/28 13:46】| | ピンキー [ 編集する? ]

ああっ!、一番予想してなかった、ストレート・パンチの真面目な回答でした。
お見それ致しました。<(_ _)>
【2011/04/28 14:34】| | Coaxial大好き [ 編集する? ]

一般に2気筒E/Gに比べて、単気筒E/Gはトラクションのかかり易いE/G回転数の範囲が狭いです。多気筒E/Gはトラクションのかかり易い幅はもちろんありますが、2次曲線的に一気に拭け上がってハイサイド等を起こし易いので、扱いはシビアになります。今じゃビッグバンとか考えてますけど。同じ2気筒E/Gでも水平対向よりV型のほうがトラクションを使い易いです。

単気筒はそういう意味で、早く走らせようと思うと難しい面が出てきますね。コーナーリング中に2回シフトアップなんて当たり前!(笑)
【2011/04/28 15:31】| | ナミ [ 編集する? ]

2号が29Φに成った瞬間、使い易いトラクションを出し始めたんですね。結果タイヤの外周まで(汗)。
確かにグッチのトラクションは、凄く使い易かったです。思ったよりも回り込んでいて長い時間のコーナリングでグッチは息切れしませんでした。
グッチの前にはSRでしたから、この辺には舌を巻きました。
現在の2号は、ノーマルグッチよりも使い易く感じます。
それと比べちゃSTにはかわいそうなのは判っているんですが・・・。

>多気筒E/Gはトラクションのかかり易い幅はもちろんありますが、2次曲線的に一気に拭け上がってハイサイド等を起こし易いので、扱いはシビアになります。

この2時曲線が苦手ですし、33Φの2号にこの傾向が有ったんです。

で、只今、TMRのセッティング。大幅に変更を・・・(大汗)。
【2011/04/28 15:51】| | ピンキー [ 編集する? ]

いい解決方法がありますです^^
STのスペアエンジンも搭載して~
エンジン二つにしちゃいましょうです~^^
ST500Pタイプです^^
【2011/04/28 17:30】| | 暇主婦 [ 編集する? ]

σ(^^)さん。流石。そのアイディアいただきです(汗)。
【2011/04/28 20:16】| | ピンキー [ 編集する? ]

いつもの事ながら・・・汗
【2011/04/29 20:42】| | 山ちゃん [ 編集する? ]

どうせやるなら、フラットツインかVツイン。ヒヒヒ。
【2011/04/29 21:11】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT