CATEGORY[ST250 TMR]
コメント[ 4 ] 2012年02月21日16:09


浅川さんの所から帰って、早速外されたTMRのトップキャップ。
此処を外したと言う事は、ニードル系を弄っています。

以前、散々書きましたよね。2ポート式は判り辛くて、1ポートに変えちまおうか・・。

その為の4連TMRも手にしたりして・・・・・。

で、ですね。ウーーーーン、今更言うのもなんですが、最近2ポートの弄り方が判って来たんですね。

まず、PS。1ポートなら絞れば絞る程混合気の量は少なく成る。
この感覚で2ポートのPSを弄ったもんですから・・(汗)。

2ポートの場合、PSで絞れるアイドルポートと、ジェットだけで決められるバイパスポート。このバイパスって言葉に深い意味が有ったんです。

もうスローポートとは呼びません。

間違いなくバイパスポート。

以前、PSを絞り切ってもアイドリングをするって書きました。
今回弄っていたら、閉め切った方がアイドリングが上がったんです。

オイオイ・・・・・・?

通常のPS戻し量ですと、アイドルポートから混合気が出て、バイパスポートは逆に新気を吸い込んでパイロット系にエアーを供給します。

つまりバイパスポートからは混合気は噴出しません。

問題はPSを締め切りに近い状態にした時(締め切った場合も)。

バイパスポートが新気を吸うのは、その奥のパイロット系の通路が負圧だから。

つまりアイドルポートから其れ成りに噴いているから。
アイドルポートからの吹き出しが少ないと、パイロット通路が負圧に成らないので、バイパスポートは新気を吸わないで、逆に混合気を噴いちゃうんです。

こう成るとPS調整は・・・・・・・・・。
アイドルポートから有る程度は噴かないとバイパスポートの働きが本来の物では無くなってしまうんです。

こう成ると、何を弄ってもアイドル不調や開け始めのドン付き、その他微開でのエンジンコントロールが難しく成ります。

なんて事にヤット気が付いたおバカなピンキー君はニコニコ。

成る程ねー。だからPS調整が理論通りに行かなかった筈。

と言う事で、ニコニコとTMRセッティングに精を出しています。

あ、浅川さん。今日は休み・・・・・。
次はいつ行こうかなー・・・。

拍手[2回]

<< 走っていない・・。 フォークセッティング。>> [ HOME ]
Rg
ご無沙汰です。
うーんなるほど!私のTMもPS絞りきってもちゃんとアイドリングしてます。(むしろ上がるくらい)そこで早速、PSを(規定の)1回転戻しにセット(いままでは3/8くらい)。アイドリングが落ちましたが、ドンツキは少し和らいだ感じ。
ということはバイパスポートがちゃんと負圧になって機能したってことでしょうか?するとアイドリングが下がったということは、「スロー系が薄くなった」ということなんでしょうか?もともとドンツキ解消の為にPJ,PAJともにかなり絞っていたんです。


もしそうだとすれば、PJ,PAJともにすこしづつ上げていけば急開時ノッキングの解消にもなるかもしれません。

【2012/02/22 10:02】| | ひら [ 編集する? ]

PSが適当に開いていると、バイパスからエアーが吸われますから、PSで絞った量だけアイドルポートから。
PSを締め切っちゃうと、バイパスからジェットで計量した分が全て出ますので、供給量は増えると言う考えです。
PSを戻した方がアイドリングが下がるのも僕と同じですね。
バイパスポートから出ていた混合気が出なくなり、アイドルポートからPSで計量した分だけに成って、アイドリングが下がったと考えると合点がいくんです。
まあ、この考えもPAJとPJの関係は比例関係って気付いて、ヤット判って来たんですけど。

で、最近、昔ほどドン付きに悩まされていないんですね。
一番効いたのはマフラーの交換だったんですが(笑)。
そんな訳で、昔はドン付きが怖くて出来なかったセッティングが出来る様に成ったんです。
最近は優しいフィーリングが出せる様に成りましたので、2号につけても良いかなと・・・(汗)。
【2012/02/22 12:36】| | ピンキー [ 編集する? ]

「アイドルポート→バイパスポート」訂正しました。
【2012/02/22 13:21】| | ひら [ 編集する? ]

今まで簡易的にスローポートと呼んでいました(ミクニではバイパスポート」)。
アイドルポートは其の侭です。

ちなみに、PSの真上に有りPSで噴出し量を調整が出来るのがアイドルポート。

キャブボディーベンチュリー部の下側。
スロットルの納まる溝が有り、エンジン側の溝の中心に小さな穴が有りますよね。
その穴がバイパスポートです。
【2012/02/22 13:29】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT