CATEGORY[ST250 ノーマルキャブレター]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年12月10日14:23
プラグ

キャブのセッティングを始めると、僕の様に腕の悪い人間には、こんなにプラグが必要です(汗)。
8番はホームセンターで2本パックが安く助かっていますが、6,7番は売っていません。近場にもイリジウムの様に高い(販売店が儲かる)プラグは有るのですが、標準プラグは置いていません。
チョット遠い店まで買いに行くようです。

プラグ

さて、上の写真。プラグの焼けがえらく違います。右は新品同様。左は燻っています。
実は、プラグの番手が違うだけで、キャブのセッティングは同じ状態でのプラグなのです。
と言う事は左の方が高いんだな。
そう思って当たり前ですが、実は左は6番。右は7番。
そんなバカな・・・・・・。
と思われて極普通。僕だって写真だけを見たらそう思います。
種を明かすと、ニードルを細くし過ぎ、6番でもかぶりました。ニードルの段数を変え、薄くセッティング。6番の新品プラグの手持ちが無いので、かぶったプラグ(死んではいない)を付け、プラグを買いに。走った感じでは、濃過ぎる感じは解消。今迄で一番良い感じに。
20km近く走り、帰ってすぐにプラグチェック。
其れが左のプラグです。黒かった中心電極が頭の部分だけ白くなっていました(その他は黒い侭)。
今朝、其の侭(正確にはPSを若干戻した。つまり濃くした)でプラグを7番に交換。
10km走って来ました。走った感じでは、プラグの焼け過ぎを若干感じるフィーリング(回転がガサツク)。
で、帰ってすぐに見たプラグが右側です。
そうなんです。プラグのチェックは新品が条件なのです。焼け過ぎはまだ使えますが、かぶり気味に成ったプラグはチェックには使えません。
7番は丸っ切り新品状態。
すぐに8番に交換。更にPSの戻し量に大き目を要求してきましたので、PJを2,5番大きくする様かも・・。
大変、面白い。どちらかな?


拍手[0回]

<< マダマダなんだけど ニードル切削その後1>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT