CATEGORY[ST250 ノーマルキャブレター]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年12月20日22:28
急に目の前が開けてきたST君のキャブレター。
変な先入観を持っていると、先に進めない良い見本をやっていました。
まず、エンジンは調子が良いのに、プラグは燻り気味の原因。
PSの戻し量でした。ノーマル数値に頭が固まっていました。
燻るんだから、閉めりゃ良いのに、ノーマルは21/4だったよなー?
PJを大きくしたんだから閉めるのは当たり前。
今日も更に締めこんで現在13/8回転戻し。今の状態では更に絞れそう。
で、閉めこんだら、開け始めが薄くなってきたので、ニードルの調整は1段濃くするか(現在よりは1/2段)、またはニードルのストレート径をもう少し細くするかの状態です。
不思議なのですが、詰まってきますと、セッティングを変えても、其れにエンジンが正しく反応するにはある程度の時間(走行距離)を要するのです。セッティングし直してすぐの判断は危険なのです。なんでそうなるかは、仮説を色々と上げられるのですが、あくまでも仮説ですので・・。
でも、本当に急に目の前が見えてきました。
チョットおかしな事が有っても、前みたいに迷いません。まあそれだけ色々試してきた結果とも言えますが。
今日の帰宅は楽しさいっぱい。やっと楽しいバイクに成ってきたST君。次の交差点、チョット突っ込んじゃおうかな・・。
なんて考えて行くと赤信号。ガッカリ・・・・・(バカですねー、汗)
現在の走行距離は前のオーナー分も含めて6000km台。
ハタカブに追いつくには40,000kmも有ります。
それ迄にはハタカブよりも楽しいエンジンになれるよね。


拍手[0回]

<< 馴染んだかな? 当たった>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT