CATEGORY[ST250 ノーマルキャブレター]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年12月27日15:44
もうそろそろ終わりかな?と思わせながら、イエイエと僕を笑っているSTのキャブ。
其々のキャブに癖が有り、其処を理解しないと先へは進めません。
で、以前から薄々感じていたSTのキャブの癖。
パイロットスクリューの戻し量の話です。
まあ、11/4から3回転近くまで、色々弄りまわして来ました。
で、中々面白い症状。
ジェットの関係で11/2より少なくなってしまった時。
その時は、アイドルポートからのガスの噴出は殆ど無く成ります。
(BINGは1/2より少なめにすると同じ結果に)
ジェッテングをした後、PSが11/2より少なくてアイドリングしていると、PSを閉め切っても変化は有りません。
要は11/2以上戻さないとアイドルポートは働かない。かと言って2回転以上戻すセッティングではPJが小さ過ぎ。
今日、13/4戻しで買い物へ。
単気筒に成りました。具体的に言いますと、2000rpmを割る回転でスロットルについて加速を開始します(トットットと気持ち良く)。今迄其の辺を使えなかったのはドンツキを感じた所為です。其れも極小に成りました。
交差点の赤信号。今迄のつもりでシフトダウンすると1速多い。『ヘッ、5速で走っていたんだ。』
今のところの結論です(これから変わる要素は多々、笑)。
PSの戻し量は11/2から2回転の間(煩く言うと13/4迄)。其れよりも大きな戻し量を要求する場合はPJが小さ過ぎの疑いが多いですネ。


拍手[0回]

<< 読み違い 合間を縫って>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT