CATEGORY[ST250 ノーマルキャブレター]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2008年01月26日23:16
パイロット系の詰まりを綺麗にし、エンリッチャーを解除して、良い子にかなり近づいたST君。
エンブレ状態でコーナーに突っ込み、クリッピングポイントでスロットルオン。僕にとってバイクで一番楽しい瞬間。スピードは決して速くは有りません。あの雰囲気が大好きなのです。
エンリッチャーがなくなり、今迄では考えられない程、高い回転数での進入が可能に成りました。気持ちのいいコーナー侵入。出口が見えたところでスロットルオン。周りから見たらバカって言われそうな行為ですが、好きなものは仕方が有りません。この行為が(雰囲気が)好きなのですから、早いと楽しめる時間が短くなってしまうので、スピードは程々が良いのです。
本当に楽しめるようになりました。
じゃ、完全に良い子?
答えはノー。残念ながらスロットルの動きに対するエンジンの反応にまだ満足出来ません。
今回、PAJを交換した時にエアクリを外したままでのエンジン始動。
スロットルをブリッピングしながら、スライドピストンの動きを見てみました。
負圧キャブの限界かな・・・・・・・。
バタフライバルブの動きに対してスライドピストンの動きはデジタル的。
どんなに丁寧にスロットルを操作しても、スライドピストンの動きはギクシャク。スライドピストンとボディとの間のフリクションは少なくは無い筈。実際にスライドピストンにはボディとの間の擦り傷がいっぱい。勿論綺麗に均して組み上げました。
でも、構造的にバタフライバルブとの連動はギクシャクした動きになってしまうのです。更に口径の大き過ぎがスロットルの反応に対してエンジンをダルにしてしまっています。
僕が煩過ぎるのかも知れません。只ダイレクトピストンで育ってしまった僕の感覚では負圧キャブでは面白さ半減なのです。
周りの友人たちもさっさとTMRにしちゃえよ、とけしかけてきますし・・。
今の状態はノーマルキャブのリセッティングとしては80点上げられると思います。ノーマルSTでは出来ない走りを楽しませてくれています。
でも、もっと楽しいマシンにしたい・・・。
そろそろTMRへ行きますかね。


拍手[0回]

<< 略決定 エンリッチャーオフ>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT