CATEGORY[ST250 TMR]
コメント[ 0 ] 2014年04月24日18:20
昨日の浅川詣で。
勿論浅川さんに試乗をして貰う為。

で、その時の往復時。前よりは良い。でもチョイとがった性格で、ツーリングの時には28φに戻したいな。
サーキットならOK。
ハンドリングも軽くなったけどバランスが今一。
セッティングのしなおしかな?

まあ、組んで直ぐの状態で答えを出すのはムチャなんだけど。

と言っても基本的に浅川さんからはOKサイン。

でも此の侭ではサーキットも楽しめない(スロットル全開が変)。

と言う事で今日は朝一でキャブセッティング。

開け始めも直したいんだけど、サーキット前提の全開から攻める。
と言う事はMJ交換。
昨日浅川さんの所から貰って来ているので安心。

感じから言って薄い。

MJ交換と試乗を繰り返す。

で、MJを大きくして行ったら開け始めが更に変に・・・・・・。

プラグチェック。
中心にはカーボンが無いのにプラグ周辺にカーボンが付いている。

ウーン、開け始めが濃くなったな。
と言う事はストレート。3/4辺りも濃い感じ。けれども全開は薄い。
MJを更に大きくして針のストレートとテーパーを薄くする。

この状態で乗ったら開け始めのツキが柔らかく、パーシャルが使い易い。

ついでにハンドリングの調整にタイヤエアー圧も下げた。
これもバッチリ。

全開、以前よりはかなり良いけど合格ラインには届かない。
濃いのか薄いのか判断に迷う。
今迄、濃い方向にだけ攻めて来たので、薄い方へ2.5番振ってみる。
合格ラインが遠のいた。

よっしゃ、と言う事で手持ちのMJの一番大きなものへ。

全開、95点。ほんの僅か薄い(MJを上げ下げして判断したので間違いない)。
でも手持ちは無い。
テスト試乗で、一番感じが良いし、全開だけがチョイ問題。
要は公道では全く問題の無い状態。
中間開度でのレスポンスも過去最高(前の28Φよりも感じが良く使い易い)。
勿論開け始めも使い易く、兎に角楽しい。
ハンドリングもエアー圧の調整でグッド。

要はMJ交換だけでバッチリの筈。

テスト試乗中だと言うのにハンドルをアサカワスピードへ向ける。
基地に戻るの面倒也。

バイクが楽しいと距離が短く感じます。
あっと言う間にアサカワスピード。

昨日に続けての訪問で浅川さんも驚いたみたい。
で、僕の話を聞いて、チョット乗せて。

勿論大歓迎です。

試乗の時間、昨日よりも長い。
ヘヘ気に入っているな。

帰った浅川さんニコニコ。
『昨日も良く成ったと思ったけど、此れは良いね。此の侭走りに行きたくなったもの。』

色々な話をしていたんだけど、浅川さんSTを可也気に入ってしまったみたい。

『STのコンプリートマシンを作ったらいくら位なら売れるかな?』
なんて話まで出る始末。

勿論エンジンの中まで浅川さんが手を入れたスペシャルマシンです。

僕のST。アサカワカラーに成るのが見えて来た(笑)。





イヤ、ホントに浅川さん僕のSTを気に入ってくれています。
此処まで出来たのも、浅川さんの協力が有ったからこそ。感謝。

あ、更に浅川さんの所へ向かう途中、『こいつでツーリングに行きたいな。絶対に楽しい。』って思えるバイクに成りました。

拍手[2回]

<< STが化けた。 準備。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT