CATEGORY[ST250 ブレーキ]
コメント[ 0 ] 2014年11月11日10:58
サーキット走行を何度もしたのに・・・・・(汗)。

忙しさにかまけ、ブレーキフルードの交換。何時したっけかな?

まあ、逆に言うと不満がなくて其の侭だったとも言えるんですけど・・・・。

昨日、暫くぶりのフルード交換。
タンク内のフルードに着色が見られたんですね(此処最近早まって来た)。

フルードの一番痛むのはキャリパー内。

つまり、マスター側から入れてキャリパー側に抜くレバーニギニギではキャリパー内のフルードは交換されません。

正しい方法は、キャリパーのピストンを押し戻し、キャリパー内のフルードをホース内に戻します。

其の状態でキャリパー側から負圧で引きます。負圧ですのでピストンが出て来ません。
レバーニギニギをするとピストンが出て来て、ホースに戻した痛んだフルードがまたキャリパーに戻っちゃうんですね。

ピストンの押し戻し。国産キャリパーのピストンには汚れがこびり付き、簡単には取れない。
パーツクリーナー程度では歯が立たないので、一旦ピストンを取り出し研磨。

で、ブレンボ。ピストンに汚れがこびり付きません。簡単に取れます。
パッドを外し軽くレバーを握ると、ピストンが僅かに出ます(4個とも同じに成る様に、出過ぎるピストンは手で押さえる)。
此処を柔らかいブラシでゴシゴシするだけでバッチリ綺麗に・・(パーツクリーナーだけでもOK)。

此処で、ピストンを完全に押し戻し。
と言う事で、パッド交換もブレンボは簡単なんです。

外したパッド。



あのですね。レーシングパッドです。走行距離は5000kmを越えているんですが・・・・。
減ってない。殆ど新品状態。

キャリパーのピストン、1mm程度しか押し戻せなかったんです。

この状態だと、磨耗する前に賞味期間が来そう・・・・。





拍手[1回]

<< 次回の練習は・・・・。 部品待ちの間に・・・。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT