CATEGORY[ST250 ノーマルキャブレター]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2008年02月25日23:34
本職よりも気に成っているキャブ交換・・・・・。
お客様、此方は見てないって聞いているけど・・・・・(危)。

まあイイカ(酔ってます)。

で、先にアップしたブログの写真を見て驚いた。
最近のキャブの進歩。

基本的にキャブの全長は短い程良い(理由は長くなるのでご勘弁を)。
今まで常識的に考えて、負圧キャブはバタフライバルブの分、ダイレクトピストンのキャブより全長が長くなるのは仕方がないと考えていた。

逆に考えると、負圧キャブのバイクをダイレクトキャブに替えるには、全長が短くなるのでバッチリOKと思っていたんだけど・・・・・・・。

よーく写真を見ると、今のキャブの方がCRより短く見える。
ハレーーー・・・・・・・。

兎に角短い。バタフライバルブの逃げはどこに有るの?
と言う程短い。

STに使っている(とろいバイク用)とは言っても、その為に態々キャブを開発する訳もなく、基本はハイパワー4気筒用の1/4と考えるのが正解。

この写真は撮って良かった。キャブメーカーの努力をマジマジと感じる写真です。

CR時代のノンビリとした(当時としてはムチャ頑張っていた筈)キャブ設計に有る意味ほのぼのと・・・。

CRは確かに全開でのストレート化は頑張っているけど、ハーフスロットルの場合は、スロットルバルブ下のパイプ状の空間は、空気の流れにかなりの乱れを生じる筈。
レース用ですから全開を最重要は当然。

でもST君は一般町乗り用。
効率一辺倒のキャブがエンジンフィールに一番良い保証はなく、この辺はやって見なければ判らない領域。

考えれば考える程、やってみなきゃ判らんじゃん。
結構やる気満々のピンキー君です。

でも、CRの全長。なんとかせな・・・。




拍手[0回]

<< キャブ交換だけ? 三役揃い踏み>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT