CATEGORY[独り言]
コメント[ 0 ] 2016年01月31日20:46
雪に閉ざされて2週間。未だにバイクを出せる状態ではないので・・。
そんな状態なのに走りたい。其れも其れ成りの長距離を。
要はツーリング。
僕の愛車は4台も有る。その中でツーリングに出されなかったのは・・?

VTRだけです。
VTRの購入動機はサーキット走行。
僕が購入前に高速走行を前提にセッティングされていた(サスを中心に)。
購入当時の僕の使用目的としてはピッタリ嵌まっていた。
ところが昨年新年早々の事故。怪我で入院。自分の立場を思い知らされた。
怪我は許されない。
そう言う訳で、サーキット走行(公道でも危ない運転)は自粛しました。
其処でVTR。
そんなバイクは公道の速度では本領を発揮しない。
と言うか、公道では楽しくないと言うのが正しい評価。

そう、バイクのセッティングで大切なのはどの速度域に合わせるか(オーディオでもユーザーの標準音量ってセッティングの肝です)。
高度なライディングテクニックを持ったライダーと持たないライダーではセッティングが変わるのが当たり前(自分の高度なテクニックを前提にセッティングしたバイクを一般ユーザーに渡しちゃ駄目ですよね)。
テクニックの上達に合わせてリセッティングをするのが当たり前です。そうするとライディングが楽しいと感じながら上達するんですね。勿論これは一般ライダー。レースで上位を狙いたいと言うライダーには当てはまりません。
テクニックが程々のライダーに高度なテクニック(標準速度の速い)を持ったライダーに合わせたセッティングのマシンはバイクを楽しくは思えない筈(苦痛に成るかも)。
此処を理解出来ないセッティング屋さんは自己中ですよね(自分のレベルの高さを自慢したくての自己中のバイク屋さん、沢山知っています)。

バイクライフを永く楽むには、自分の技量に合ったバイクでのライディング。
この歳に成ってしみじみと感じています。
今の僕に最適な排気量は250cc。
10年後には125ccが最適って言っているかも知れません。
でも、人生最後まで乗りますよー。



と言う訳で、雪ごもりの間にVTRのリセッティングをします(公道の速度に合わせたセッティング)。初ツーリングの相棒に・・・。

あ、ついでに言いますと、僕の好きなセッティングはライダーに優しいセッティング。乗っているとホッとするバイク。旅の相棒には必須です(と言って退屈なバイクは嫌なので・・・)。


余計な独り言。
可也昔、自転車のロードレーサーを買いに行きました。其れ成りの有名な工房です。
その時の僕の希望。
全くの素人です、ですから其れに合わせてセッティングして下さい。乗り慣れて上達したら色々なところの変更は構いません(勿論その後可也のリセッティング(出費)が有りました。でも楽しかったです。前よりも上級なものを要求する自分に自己満足、笑)。
腕に見合ったセッティング。永く楽しみたいなら絶対に大切です。
逆に腕に見合わない上級な物を手にすると楽しみは遠ざかります。

拍手[5回]

<< 雪国なんです。 此れで夜でも組める(アノネー・・・)。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT