CATEGORY[ハンターカブ]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2007年05月29日11:09
タイヤ

5000km強走りました。センターはそろそろスリックかな。でも、この状態で走行には全然異常が見受けられません。まだまだ、新品時のグリップを誇っています。
でも、そろそろ交換かな?
リムサイズ(幅)もワンクラスアップしてあるので、タイヤの選択範囲は広がりました。でも、この辺の小排気量用のタイヤは実用車用が殆ど。
何と無くミシュランのHPを見ていたら、M45に新しいサイズが発売されています。ST君にも履いてしまったのでチョット抵抗が有りますけど、以前履いた300での好印象は拭えません。
で、300は無理なので275。外周直径を見たら今履いているタイヤよりもかなり大きい。二次減速比で計算すると37丁のスプロケを39丁にしないと同じ減速比に成りません。250でも38丁。そうなのです、僕のハタカブが37丁で走っていると威張れるのは、タイヤが小さいからなのです。排気量の大きなバイクならこんな事に気遣う必要は有りませんが、たったの105cc。
別に今履いているタイヤに不満が有る訳でもないので、又もやパイロットスポーティーを発注しました。

拍手[0回]

<< イグニッションコイル バイクの姿勢>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT