CATEGORY[ST250]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2009年06月24日15:20
過激なタイトルです。でもSTですからタカが知れています(笑)。
詳しくはHP(http://hayashilab.syuriken.jp/250hida01.htm)を見て下さい。

帰って来てからは天気の都合で乗れてません。
乗れて来た時に乗れないって欲求不満に成りますよね。

で、何であんな走りが出来たんだろう?

確かに体の状態は良くなっています。でもそれだけじゃ・・・・・?

1年前のSTと今のST。
何かが違う。

一番の違いはスロットルフィーリング。
一年前はTMRを付けたばかり。まあ普通には走れたけど、極上のスロットルフィーリングとは言えなかった。

勿論、今でも極上とは言えない。

でも、1年前とはかなり違っている。
開け始めが優しい。ドンツキが影をひそめた。

これは大きい。寝かした状態でスロットルオン。ドンと来ると怖くて開けられないけど、来ないのが判ってしまえば安心してスロットルオン。

実は、最近リアサスの不満が、かなり無くなって来ているのです(発注して有るのに、汗)。

要は、ドンツキの不安がなくなり、コーナリング速度アップ。結果リアにも十分なGが掛かり、リアサスが働き出したんですね。

フロントブレーキが不満とは言いながら、以前よりシッカリ働いているのも見逃せません。

でも、ハンドリングを良くしたもう一つの立役者。
リアリムサイズダウン。

これは、効きました。スィングアームのよじれを感じなくなったので、不安無くコーナーに飛び込んで行けるのです。

まあ、後輪にトルクを掛けると、リアダンパー不足を見せるのは仕方が無いですが。

でも、良いバイクに成りました。
此処迄、変貌してくれると可愛くてたまりませんね(笑)。
リアサスもそろそろ出来てきそうです。

正直な所、今回の激走(笑)で、パワー不足も感じましたが。

STとの珍道中、まだ続きそうです。

拍手[1回]

<< メーターギヤスペーサー 実験開始>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT