CATEGORY[駆動系一般]
コメント[ 0 ]TB[ 0 ] 2009年10月29日17:07
http://bmwr80.blog.shinobi.jp/Entry/649/

此処に、チェーンの初期伸びについて、僕の仮説をアップしました。

要は、グリスの偏りの所為ではないか?

実は新しいチェーン。グリスを洗い流したのは、此れの証明もしたかったのです。

1本目のレジーナ。初期伸びは結構大きく、スィングアーム目盛りで1本弱移動しました。

初期伸び後は1000km走行しても伸びは極少。

で、今のST。チェーン調整は初期伸びの終わったレジーナに合っている。
此の侭では、新しいチェーンは組めない筈。

意図的にチェーン調整ボルトを一切動かさずに新しいチェーンを組みました。

ヤハリ

予定通り。其の侭で組めちゃった(笑)。遊びも略正常。煩く言うとチョット少なめ。

でも、内部のグリースが全て流れ落ちているとは思えません。若干残っているならこの程度は想定内。

新しいチェーン。横にすると新品とは思えない程、弓なりに曲がります。

知らない人が見たら、不良品かい?

グリースを止めたので、砂利の付着も少なくなる筈。

結果汚れも減り、メンテサイクルは伸びて、チェーンも長持ち。

こんなに巧く行くかは『明日の心だー』(小沢昭一風で)。


エーーー。早々と追記です。
上の写真は組んだ侭で給油をしていません。
只今給油をして、手でグルグル廻し初期なじみを実行。

遊びは正常値になりました。更にフリクションの少なさにはビックリ。
後輪が軽く廻ります。イエ今迄も一般のシールチェーンでは有り得ない軽さだったのですが、更なる軽さ。
ニコニコニコ。


一晩置いた後の追記です。
オイルが内部まで染み込み、グリスの残骸(灯油が染みてぐずぐずに成っている筈)が柔らかくなったんでしょうね。
チェーンの遊び。1本目の初期伸びの終わったチェーンと略同じ。
要は、チェーン調整はしないでOK。

此れで、初期伸びの調整無しで使えそうです。

拍手[0回]

<< 大丈夫そう・・。 行っちゃった>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT