CATEGORY[独り言]
コメント[ 4 ]TB[ 0 ] 2010年01月21日09:54
2~3日前に、本当に暫くぶりにSTに乗りました。
まあ、我慢出来なくなったと言うのが本心です。

仕事に託けて30km程。

ハタカブばかりだったので、車重を感じるかな。とも思っていたのですが極普通に走り出せて、僕の体も少しずつ良く成っているのが判り、チョットニコッ。

暫くぶりに乗ると、頭の中がリセットされていますので、結構新鮮です。
キャブセッティングデーターも忘れています。

乗っていた頃は、ジェッティングを全て暗記していました。

で、其のデーターが無くなった頭で乗ると、変な先入観が有りません。
素直に此処が濃い。此処が薄いと判るんですね。まあ、今回は濃いと感じたところは無かったのですが・・・。

一応、PS調整ドライバーは持って出ましたので、途中で何度も調整。不思議なほど上手く行きます。

以前は、あそこを弄ったらこう成ったから、此れは駄目な筈。見たいな考えが出て来て、弄るのを躊躇する時が結構有りました。

今回は、以前の記憶が無いので、エンジンの要求を素直に受け入れられるのです。

かなり以前。ドンツキに悩まされていました。
その時の結論では、PSの戻し量を増やすとドンツキも増えるというもの。

今回、アイドリング付近での薄さを感じましたので、PSを開けたのです。
以前なら、ドンツキが増える筈でした。

今回は(今は殆ど出ませんが、極低回転で若干残っています。と言っても標準の負圧キャブでも出ていたレベルです。)更に減ったのです。

ウーーン、過去の経験に縛られていては駄目ですね。

帰宅し、直ぐに今のジェッティングを確認。
同時に、PSを開くとドンツキが増えた時代のジェッティングの確認も。

ハハ、全て変わっています。MJもPJもPAJもNJもJNも・・・・・。

そうなんですよね。周りの条件が変わっているのですから、過去の経験は邪魔なものにも成るんです。

暫く休んで良かったと思っています。
かなり良い所まで詰めて有るのも確認できましたし。

良い意味で、極普通のバイクに成っています。

買った当時感じた、ハンドリングの違和感も全然感じません。
当時は、ハタカブと2号を乗り換えても何も感じず、STだけに違和感を感じたものでした。


何となく3台の居場所が決ってきそうです。

ハタカブは普段の足に、でもたまにはツーリングに引っ張り出す。
STはツーリングバイク。特に宿泊をしながらの長距離はこいつが一番。
2号は・・・・・・。
短距離(と言っても数百キロ)でのラインディングを純粋に楽しむ。

そう言えば2号(当時はそんな名前は有りませんでした、笑)、を買った頃。
僕のメインバイクはグッチ。
長距離を本当に良くこなしていました。
そんな時に事故車のBMを入手。
ウン、こいつは思い切って弄くって大垂水専用にする。
ナンカ、最初の目的通りのバイクに成りそうです。


追記。人間の感覚っていい加減ですね。以前、あんなに不足を感じたSTのブレーキ。ハタカブばかり2ヶ月も乗っていますと・・・・・。
『イヤー、STのブレーキは効くなー。誰だい効かないなんて言ってるヤツは・・・・・・。』

拍手[0回]

<< 長年ご苦労様 ?????>> [ HOME ]
Rg
ピンキーさん、こんにちは。
今日はスクーターでした。寒いですね。スクーターって、交差点やコーナーでトラクションをかけられるような乗り方ができないので、今でも何か違和感があります。まさに車体(タイヤ)だけで走っている感覚です。

80の位置づけ?は、僕とはほぼ反対ですね。僕の場合は、80はツーリング用での購入でした(といっても最近全く長距離行ってません:汗)。なのでまた、たまの週末にちょっと乗っただけで満足する(疲れる?)ような刺激的な近郊ワインディング用のバイクが欲しいのですが、なかなかそうは...(汗)。
【2010/01/22 17:06】| | ナミ [ 編集する? ]

僕は、一昨日府中へ免許書き換えにハタカブで行って来ました。暖かい日で助かりました。自慢じゃないですが、毎回府中試験場です。八王子でしたい(大汗)。
普通、BMはツーリングバイクですよね。臍曲がりですので・・・・(笑)。
で、刺激的なバイクは国産にゴロゴロ。何を狙っているのかなーーーーー?
【2010/01/22 18:18】| | ピンキー [ 編集する? ]

僕は、60年代末から90年代初めまで府中試験場の近くに住んでいました。府中試験場には苦い思い出がたくさん・・・(大汗)。
【2010/01/22 18:25】| | ナミ [ 編集する? ]

あそこに良い思い出の有る人って、いないと思います(汗)。
【2010/01/22 18:42】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT