CATEGORY[BMW 車体周り]
コメント[ 3 ]TB[ 0 ] 2010年02月03日10:44
遅々として進まないCRプロジェクト。巧い方法は頭に有るんだけど、仕事の方が大忙し。

もうイイヤ・・。開き直っています。

現在タンクとシートは外れている。

そうだ、あそこは無事だよね・・・・?


無事だった

僕のへたくそ溶接箇所。どこだか判りますよね。

無事だった

そう、ガソリンタンクを支えているステーです。
上の補強パイプに、吊り下げられる感じで溶接されているのです。

上に乗っているのでしたら安心出来ますが、吊り下げられているので、結構ヤバイのです。補強パイプは薄肉ですし。

タンクを外さないで殆どの整備が出来てしまうボクサーですから、滅多にタンクは外しません。

チェックして見よう。クラックを発見したら最高のネタだなー(大汗)。

ジックリと観察。ホッ。

イヤ、今だから言っちゃいますが・・・・・。出来た当時は、ガスを満タンに出来なかったんですね(怖くて)。

溶接がポロッと剥がれたら・・・・・・・・・・。

様子を見ながら、段々と入れるガスの量を増やして行ったのです。

ステップ周りの溶接も同じ。
全体重を掛けても大丈夫だよね・・・・。

このヒヤヒヤものの乗り始めでした。
溶接部の塗装も剥がれていませんので、大丈夫なんだろうなキット・・。

拍手[0回]

<< ハタカブの反抗 オイル漬け>> [ HOME ]
Rg
雪もすっかりとけましたねぇ。僕は雪の中、ハンターで通勤したバカ者です!
相変わらず、スパーダのタンク錆をどうするか、悩み中。サンポール・・・?細かなところは随分手をつけたので、もうすぐ乗り出し出来そうです。
【2010/02/03 15:07】| | ビモビモ [ 編集する? ]

雪中行軍はハンターの独壇場では・・・・(笑)。トライアルタイヤが有ったら最高ですね。僕は丁度納品が重なり、車で無いと駄目な状態で涙を飲んでます。
もっとも僕の履いているタイヤ、雪は丸っ切り駄目です(経験済み、笑)。
昔、スコティシュに乗っていた頃は、雪が降るとワクワクして通勤してました(汗)。家の近くの公園に乗り込み、雪に円を書いて喜んでいました。

錆を取るには、昔(40年前、汗)は鎖をタンクに入れて揺すると言う荒業も有りましたね。
乗れる様に成りましたら、千葉へ鯨を食べに行きましょう。
【2010/02/03 15:18】| | ピンキー [ 編集する? ]

ビモさん、乗ったんですか!
府中市にいた頃、近所に都有地という原っぱがあって、卒業時に買った初期型250γ(宣伝ビラ1枚で予約したほど衝撃でした:笑)のおまけのユーディーで、雪中スライドして遊んでいたところ、スピードが出ないのに全開ですから、焼き付きました(汗)。
【2010/02/03 17:47】| | ナミ [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT